最新記事
海洋生物

サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で救った父親...衝撃救出劇の一部始終

Father Rips Shark's Mouth Off Son in Fishing Trip Horror

2024年4月26日(金)18時00分
ロビン・ホワイト
(写真はイメージです) Oleksandr Sushko-Unsplash

(写真はイメージです) Oleksandr Sushko-Unsplash

<少年は下肢に3つの非常に深い裂傷を負ったという>

オーストラリア在住の10代の少年が、釣りをしている最中にホオジロザメに脚を噛まれ、病院に緊急搬送された。

【動画】閲覧注意:サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で救った父親...衝撃救出劇の一部始終

脚を噛まれた直後に、少年の父親が助けに駆けつけ、素手でサメの口を開けて脚から引き剥がし、息子を救った。地元ニュースメディアの7ニュースはそう伝えている。

この少年ネイサン・ネス(16歳)は、南オーストラリア州のグレネルグの近くに家族旅行で出かけていた。釣りをしていたところ、その釣り針に偶然、ホオジロザメがかかったという。

海岸から2マイル(約3.2キロ)以上離れていたため、少年はリールを巻いて獲物を引き上げようとした。だが、信じられないような獲物を写真に撮ろうと身を乗り出した時に、ホオジロザメがその脚にガッチリと噛み付いたと、7ニュースは報じた。

少年の父親マイケル・ヘスは、ためらうことなくサメに手を伸ばした。

最初、少年の父親は、サメが息子の脚を離さないのではないかと恐れたという。

「実のところ、私はかなり怖かった」と、ネスは7ニュースに語った。「私は手を伸ばし、サメの口を引っ張って開いた。それから手を離すと、サメはドボンと海中に戻った」

息子はケガの治療のため、ロイヤル・アデレード病院に緊急搬送された。

「この16歳の少年には、下肢に3つの非常に深い裂傷、すなわち歯形があった」と、南オーストラリア州救急隊の広報担当者クレイグ・マーディは7ニュースに語った。「我々が現地に着いた時には、出血は抑えられていた」

ホオジロザメは、オーストラリア沿岸の海域に広く生息する。サメによる襲撃は稀だが、自らの身に危険が迫っていると判断した際には、肉食のこのサメは人を襲うことがある。

この種のサメは、肉を切り裂くことに特化した、複数列の非常に鋭い歯を持つ。つまり、実際にこのサメに噛まれた場合は、医療措置を必要とする緊急事態になるということだ。

ホワイト・ポインター・シャークとも呼ばれるホオジロザメは、「ビッグスリー」と呼ばれる、先に攻撃を受けたなどの理由がなくても人を襲う可能性が最も高いサメ3種のうちの1つだ。オオメジロザメも、他の種のサメと比べて攻撃的な気質を持つことで知られ、ホオジロザメと共にビッグスリーに入っている。

国際的なサメ被害情報のデータベース「国際サメ襲撃ファイル(ISAF)」によると、南オーストラリア州では、記録が開始された1700年以降、先に攻撃を受けたなどの理由なくサメが襲ってきた事件は47件にすぎないという。

大半のサメの襲撃はニューサウスウェールズ州で起きている、とISAFは報告している。同州では、サメの方から襲ってきた事例の数が272件を数えるという。

重傷を負ったものの、16歳の少年にはひるんだ様子はなく、近いうちにまた釣りに出かけたいと語ったと、7ニュースは伝えている。だが、少年の父親は同メディアに対し、息子が願うほどすぐにこれが実現することはないだろう、との考えを示した。

ホオジロザメは時折、偶然に釣り糸にかかることがある。この種のサメは絶滅危惧種とされているため、釣り人がかかった獲物を引き上げて我がものにすることは法律で許されていない。そのため、偶然捉えられた場合は、常に海に投げ返されることになっている。

(翻訳:ガリレオ)

2024071623issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月16日/23日号(7月9日発売)は「まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50」特集。万引大国アメリカ、月にクマムシ、ウクライナでワインツーリズム、欧州アフリカ海底鉄道…… PLUS クイズ50

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

英防衛企業、ゼレンスキー氏と協議 ウクライナ支援強

ワールド

仏下院議長にマクロン大統領派が再選、左派に打撃

ワールド

FOXビジネス元司会者のドブス氏死去、78歳 トラ

ビジネス

エア・インディアのボーイング機、ロシアに緊急着陸 
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 3
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 4
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 5
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    トランプ暗殺未遂後の包帯姿を嘲笑したスターウォー…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中