コラム

新宿案内人が14年も続けたコラムを休載する理由

2018年12月20日(木)20時55分

日本語学校を「正常化」する

ただ、日本人がどんどん増える外国人に不安を覚えるのも理解できる。30年前、私が日本に来たばかりのころは、中国人が何人か路上で集まっているだけで日本人が警察に通報した。さすがに今はそんなことはなくなったが、外国人にマンションの部屋を貸さないという不動産業者は新宿でもまだ多い。私自身、数年前にビジネスの必要から事務所を借りようとしたが、「中国杭州ECジャパン」と中国の地名が社名に入っているだけで断られた経験がある。

日本にやって来た外国人が日本人に受け入れられるためには、何より日本語を真面目に勉強する必要がある。新宿には東京の日本語学校の25%が集中している。新宿区の新成人の約半数は外国人だ。日本語教室は授業が午前中のみで、午後はアルバイトに精を出す留学生が多い。金持ちの子弟でその必要のない中国人留学生は遊び惚けるのだが、彼らはまず午前も午後もしっかり勉強して日本語を早く身に着けるべきだ。

でないと、規定の学習期間である2年を終えてもまともに日本語をしゃべれない元留学生がいつまで経っても減らないし、日本語をしゃべらないから同じ国の出身者同士ばかりでつるんで、時には犯罪行為に手を染めることになる。日本語学校の教育を立て直すことが外国人犯罪の防止につながる、と声を大にして言いたい。あと、日本に来た外国人に『選挙に出たい』を見せるといいかもしれない。外国人が日本で住むためには、マナーを守らないとダメということがよく分かる映画だからだ。

次に訴えたいのが、外国人の増加を日本人の仕事や儲けにつなげるコツだ。15年に204万人だった日本の長期滞在外国人の数が、18年には250万人にまで増えた。2020年の東京オリンピックに向かって、おそらくこれから右肩上がりで増えていくだろう。外国人が増えれば、確実に飲食業や関連する地元企業は儲かるようになる。人間は「食べること」からは逃れられないからだ。

歌舞伎町の中国火鍋の大型店「海底撈(ハイディーラオ)」がいい例だ。全200席という巨大店舗は東洋一の繁華街である歌舞伎町でもかなり目立つ。日本が中国資本と中国人観光客をもはや無視できない象徴的存在だが、この店は歌舞伎町商店街振興組合にもきちんと加盟している。外国人経営者と地元の日本人をつなぎ、彼らを「日本化」させることが、結局は外国人のためにも日本人のためにもなる。外国人と日本人のトラブルが減れば店の経営は安定して儲かり、地元にも利益が還元される。

歌舞伎町に最近、新しい大型クラブがオープンした。かつて歌舞伎町はディスコの「聖地」として盛り上がっていたが、その後ブームの終わりとともにすっかり下火になっていた。今回新しくできたこの大型クラブ、実は中国資本が入っている。中国資本が日本に入ることに拒否感をもつ日本人も多いが、「良質な中国資本」を見分ける能力があれば問題ない。それには中国人や中国企業を深く理解する「元・中国人、現・日本人」が必要だ(笑)。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

中国、11月輸出は予想外の減少 輸入は4月以来の増

ワールド

北朝鮮国連大使が米国を批判、非核化は「交渉から外れ

ワールド

北朝鮮、東倉里で「非常に重要な」実験成功 エンジン

ワールド

「指導者の裏切り許さない」、環境活動家グレタさんが

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を虐殺した」と言い始めた中国

  • 4

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 5

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 6

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 7

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 8

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 9

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 7

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!