コラム

北方領土のロシア軍近代化 公開資料で実像に迫る

2017年03月31日(金)19時00分
北方領土のロシア軍近代化 公開資料で実像に迫る

北方領土・国後島のユジノクリリスク(古釜布(ふるかまっぷ))の女性 Yuri Maltsev-REUTERS

<北方領土ではロシア軍の近代化が続いているが、その実態ははっきりしない。ロシア政府の調達情報や写真から読み解いた軍備は>

はっきりしない北方領土駐留ロシア軍の実態

小欄でも度々取り上げているように、北方領土でのロシア軍近代化の動きが続いている(「北方領土でロシア軍施設の再建が本格化」)。

ただ、その詳しい実態となるとよく分からないというのが実情だ。

たとえば北方領土に駐留するロシア軍の兵力は3500人ということになっているが、防衛白書によるとその根拠は次のようなものである。


「1997(同9)年の日露防衛相会談において、ロジオノフ国防相(当時)は、北方領土の部隊が1995(同7)年までに3,500人に削減されたことを明らかにした。05(同17)年7月、北方領土を訪問したイワノフ国防相(当時)は、四島に駐留する部隊の増強も削減も行わないと発言し、現状を維持する意思を明確にしている。また、参謀本部高官は11(同23)年2月、北方領土の兵員数について旅団に改編する枠組みの中では3,500人を維持する旨述べたと伝えられている。」 (『防衛白書』平成28年度版)

つまり、ロシア側の言い分を信用している、というのが現状である(その背景には、ロシア側の言い分を信用し得ると判断できるだけの自衛隊独自の情報活動が存在している筈ではあるが)。

両島に存在する陸軍、海軍、空軍(後述するように、北方領土には少数ながら海軍と空軍の部隊も駐留する)の人数比がどの程度であるのかもはっきりしない。

編成については一応のことが分かっているので、以下に概略を示す。

koizumi20170331161900.jpg
北方領土駐留ロシア軍の編成

北方領土の配備兵力は

だが、公開情報を丹念に追っていくと、ひょんなことからその実情を覗き見ることもできる。

たとえば近年のロシアでは軍事基地の建設に関する入札情報なども国家調達としてインターネットで公開されるようになってきた。2015年には国後島と択捉島の軍事施設を再建するための建設計画に向けた国家調達も公開されており、その際の設計要求が連邦特殊建設庁(スペツストロイ)の調達情報ページに掲載されているのを見つけた。

あくまでも陸軍の第18機関銃砲兵師団向け施設だけを対象としたものであり、また、「想定」ではあるが、これまで知られていなかった兵力の配分をある程度読み取ることができよう。以下は複数の調達情報を総合して筆者が整理したものである。

プロフィール

小泉悠

軍事アナリスト
早稲田大学大学院修了後、ロシア科学アカデミー世界経済国際関係研究所客員研究などを経て、現在は未来工学研究所研究員。『軍事研究』誌でもロシアの軍事情勢についての記事を毎号執筆

ニュース速報

ビジネス

焦点:ダイキン海外展開、アフリカに照準 インド成功

ワールド

ブレグジット、理論上は撤回可能=モスコビシ欧州委員

ワールド

トルコ経済への攻撃は国旗への攻撃と同じ=エルドアン

ワールド

米国企業が対中関税に警鐘、値上げで自国の損害「劇的

MAGAZINE

特集:CIAに学ぶ最高のリーダー論

2018-8・28号(8/21発売)

最強スパイ機関CIAの指導者育成プログラムとは? 元担当者が明かすフラットな組織が最も機能する理由

人気ランキング

  • 1

    6歳の中国人の日本への難民申請を手伝ったら、炎上した

  • 2

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 3

    脱北に失敗した北朝鮮人夫婦の「究極の選択」

  • 4

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

  • 5

    ヨーロッパによみがえった奴隷貿易

  • 6

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 10

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部…

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 5

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!