コラム

ハリーとメーガンの進撃止まらず...アメリカを舞台に集めた巨額のカネと「大戦果」

2023年01月31日(火)18時50分
ヘンリー王子とメーガン妃

ヘンリー王子とメーガン妃(2021年9月) REUTERS/Andrew Kelly/File Photo

<王室を揺るがせたハリーとメーガン。アーチーウェル財団の「決算報告書」で明らかになった多額の資金の使い途とは?>

[ロンドン]英王室を離脱したヘンリー公爵=王位継承順位5位=とメーガン夫人の進撃が止まらない。米ストリーミング大手Netflix(ネットフリックス)ドキュシリーズ『ハリー&メーガン』とハリーの回想録『スペア(王位継承者に何かあった時の予備という意味)』を相次いで発表し、王室を揺るがせたハリーとメーガンの「決算報告書」が発表された。

2人の長男アーチーちゃん(3つ)の名前を取った「アーチーウェル(福祉)財団」のインパクト・レポート(2020~22年)。それによると、2人は公平にワクチンが行き渡るように政策提言団体グローバル・シチズンとのパートナーシップを通じコロナワクチン1266万回分の調達に貢献。さらに2600万人のワクチン接種を促し、3億200万ドル(約390億円)を集めた。

イスラム原理主義勢力タリバンに再び支配されたアフガニスタンやロシアに侵攻されたウクライナで人道危機が深まる。2人はNPOヒューマン・ファースト・コアリションと協力して7469人のアフガン脱出や、難民支援団体ウエルカムUSともにアフガン人7万4606人、ウクライナ人9万9981人を米国に受け入れるのを支援した。

ハリーは12~13年、アフガンでヘリのパイロットとして勤務していた時、6つのミッションに参加した。『スペア』では「戦闘の熱と混乱の中に身を置いている時、25人を人間だとは思わなかった。人間だと思うと殺すことなんてできない。彼らは盤上から取り除かれたチェスの駒であり、善を殺す前に排除された悪に過ぎなかった」と衝撃的な回想を披瀝した。

将来の君主に代わって戦地に赴くのが『スペア』の宿命

性的スキャンダルで今やどん底に堕ちたアンドルー王子=同8位=もフォークランド紛争に従軍した。将来の君主に代わり戦地に赴くのが『スペア』の宿命だ。ハリーは傷病兵を支援するスポーツ大会「インビクタス・ゲームズ」を考案するなど、アフガン従軍の思い入れが強い。ハリーの率直な告白は同じ体験をしたアフガンやイラクに従軍した米兵の共感を集める。

温かい食事をふるまうことで世界を救うNPOワールド・セントラル・キッチンに協力し、ウクライナで5万食を提供した。米テキサス州ウバルデで昨年、発生した銃乱射事件で児童19人と教師2人が死亡したため、プレイセラピーと癒しの場として子供たちの遊び場を建設した。2人の活動の主軸は欧州連合(EU)離脱で影響力を失った英国ではなく、米国だ。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

TOPIX定期入れ替え実施へ、銘柄1200程度に絞

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story