コラム

黒海で「航行の自由作戦」の英艦にロシア機が警告爆撃4発 ここはプーチン大統領の「レッドライン」

2021年06月24日(木)14時55分
ロシアの戦闘機が捉えた英駆逐艦ディフェンダー

ロシアの戦闘機が捉えた英駆逐艦ディフェンダー、ロシア軍が公開した映像 BBCNews/YouTube

[ロンドン発]ロシア国防省は23日、実効支配するウクライナ南部クリミア半島沖の領海(12マイル)を英海軍の駆逐艦ディフェンダーが「侵犯」したとして警告射撃と警告爆撃を繰り返し、同艦を退去させたと発表した。ディフェンダーに乗船していた英BBC放送の記者はロシア機20機以上と沿岸警備艇2隻が同艦を追尾したと艦上から生々しく伝えた。

BBC記者は「クリミア半島沖に接近した時、乗組員は配置につき、防空システムのミサイルが装填された」「航路を変えなければ発砲するという警告が無線から聞こえた」「沿岸警備艇のうち1隻はわずか100メートルの距離まで近づいた」と証言した。甲板からリポートしている時にもロシアの航空機が轟音を立てながら上空を通過した。


ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が親米英姿勢を強め、ロシアとの対立を一段と深める中、ウラジーミル・プーチン露大統領は今年3~4月、ウクライナ国境近くに10万人以上のロシア軍を結集させ、一時緊張が高まった。ウクライナが最も恐れるのはプーチン大統領が黒海を海上封鎖してしまうシナリオだ。

bbcmap.jpg
BBCが報じた現場周辺の地図  BBCNews/YouTube


イギリスは北大西洋条約機構(NATO)の作戦の一環として、南シナ海と同じ「航行の自由作戦」を黒海やクリミア半島沖で実施するため、英駆逐艦に英メディアを乗船させたと筆者はみている。現に英大衆紙デーリー・メールの記者も臨場感あふれるディフェンダー艦上ルポをリポートしてきている。

元ロシア連邦保安庁(FSB)幹部アレクサンダー・リトビネンコ氏(当時44歳)が2006年11月、ロンドンのホテルでお茶に放射性物質ポロニウム210を入れられ、毒殺された事件以降、英露関係は最悪だ。互いに領空や領海に接近し、相手の出方をうかがうのは日常茶飯事だが、今回のような射撃や爆撃での警告は極めて異例だと英紙ガーディアンは分析している。

赤外線捜索追尾システムでロックオン

ロシア国防省は駐モスクワ・イギリス大使館付き武官を呼んで説明を求める映像や、英海軍の駆逐艦ディフェンダーを空から赤外線捜索追尾システムでロックオンする映像をツイッターで公開した。ロックオンはいつでも攻撃できるという脅しである。情報戦(インフォーメーション戦争)も過熱している。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

NY州知事のセクハラ問題、地方検察が相次ぎ調査に着

ビジネス

米自動車大手、30年までに新車のEV比率最大50%

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者2億0

ビジネス

米国株式市場=ダウ・S&P下落、ADP雇用報告が予

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

  • 4

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 5

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 6

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

  • 9

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

  • 10

    仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 8

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 9

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中