注目のキーワード

コラム

黒海で「航行の自由作戦」の英艦にロシア機が警告爆撃4発 ここはプーチン大統領の「レッドライン」

2021年06月24日(木)14時55分
ロシアの戦闘機が捉えた英駆逐艦ディフェンダー

ロシアの戦闘機が捉えた英駆逐艦ディフェンダー、ロシア軍が公開した映像 BBCNews/YouTube

[ロンドン発]ロシア国防省は23日、実効支配するウクライナ南部クリミア半島沖の領海(12マイル)を英海軍の駆逐艦ディフェンダーが「侵犯」したとして警告射撃と警告爆撃を繰り返し、同艦を退去させたと発表した。ディフェンダーに乗船していた英BBC放送の記者はロシア機20機以上と沿岸警備艇2隻が同艦を追尾したと艦上から生々しく伝えた。

BBC記者は「クリミア半島沖に接近した時、乗組員は配置につき、防空システムのミサイルが装填された」「航路を変えなければ発砲するという警告が無線から聞こえた」「沿岸警備艇のうち1隻はわずか100メートルの距離まで近づいた」と証言した。甲板からリポートしている時にもロシアの航空機が轟音を立てながら上空を通過した。


ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が親米英姿勢を強め、ロシアとの対立を一段と深める中、ウラジーミル・プーチン露大統領は今年3~4月、ウクライナ国境近くに10万人以上のロシア軍を結集させ、一時緊張が高まった。ウクライナが最も恐れるのはプーチン大統領が黒海を海上封鎖してしまうシナリオだ。

bbcmap.jpg
BBCが報じた現場周辺の地図  BBCNews/YouTube


イギリスは北大西洋条約機構(NATO)の作戦の一環として、南シナ海と同じ「航行の自由作戦」を黒海やクリミア半島沖で実施するため、英駆逐艦に英メディアを乗船させたと筆者はみている。現に英大衆紙デーリー・メールの記者も臨場感あふれるディフェンダー艦上ルポをリポートしてきている。

元ロシア連邦保安庁(FSB)幹部アレクサンダー・リトビネンコ氏(当時44歳)が2006年11月、ロンドンのホテルでお茶に放射性物質ポロニウム210を入れられ、毒殺された事件以降、英露関係は最悪だ。互いに領空や領海に接近し、相手の出方をうかがうのは日常茶飯事だが、今回のような射撃や爆撃での警告は極めて異例だと英紙ガーディアンは分析している。

赤外線捜索追尾システムでロックオン

ロシア国防省は駐モスクワ・イギリス大使館付き武官を呼んで説明を求める映像や、英海軍の駆逐艦ディフェンダーを空から赤外線捜索追尾システムでロックオンする映像をツイッターで公開した。ロックオンはいつでも攻撃できるという脅しである。情報戦(インフォーメーション戦争)も過熱している。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中