コラム

メーガンの「激白」にも英王室にも冷淡なイギリス人──君主制廃止論が再燃

2021年03月10日(水)18時20分

メーガン夫人とヘンリー公爵が昨年1月、王室離脱を宣言した時、英大衆紙はコーンウォール公爵領からの利益配分を含め7430万ポンド(約112億円)の収入が見込めると算盤を弾いたが、すでに2人はそれをはるかに上回る"戦果"をあげている。

コロナ危機でイギリスでは12万4797人が亡くなり、昨年の国内総生産(GDP)は約10%も縮小し、1709年に欧州を襲った大寒波以来の落ち込みとなった。今年末には失業者は220万人に達すると予測されている。

感染力が最大70%も強い英変異株の猛威で閉鎖に追い込まれた学校も3月8日に再開した。食品会社ケロッグの調査では、5校に1校が住民に無償で食料を配るフードバンクを設置。4分の1以上の学校が子供たちに朝食を提供した。また3分の1の教員が子供たちの家に食料を届けた。

メーガン夫人とヘンリー公爵の勘違い

イギリスの庶民からすればメーガン夫人は肌の色で差別されるマイノリティーではなく、紛れもない「特権階級」だ。

英世論がメーガン夫人とヘンリー公爵だけでなく、エリザベス女王やウィリアム王子、キャサリン妃にも厳しかったのは、コロナ危機という非常事態にもかかわらず、王室内のもめ事を外にまき散らしたからだ。

メーガン夫人は「アーチーが誕生する数カ月前に、アーチーが王子にはならず、したがって警護も受けられないと王室から告げられた時、ショックを受けた」と告白。「アーチーが生まれる時、肌の色がどれだけ濃くなるかについての懸念と会話がヘンリー公爵との間であった」と衝撃的な告発を行った。

当のヘンリー公爵は「それにはここで触れたくないが、私たちの子供がどのように見えるか、彼女が女優を続けるかもしれないので警護が受けられないというような会話があった」と言葉を濁した。

人種差別が君主制や王室の体質に根差しているとすれば看過できない。しかしアーチーちゃんもチャールズ皇太子が即位すれば王子の称号が与えられると王室のプロトコルは定めている。与える、与えないはエリザベス女王の恣意で決められるものではない。

しかもこれまで王子の称号をいらないと言ってきたのはメーガン夫人とヘンリー公爵ではなかったか。アーチーちゃんを身ごもっていたメーガン夫人に警護がつかなかったという主張にも首を傾げる。

ヘンリー公爵は「チャールズ皇太子とウィリアム王子は王室の生活に囚われている。彼らはそこから逃れることはできない。それに同情する」と述べ、父と兄を「教育しようとした」とまで言ってのけた。王位継承者に再教育が必要なら君主制の正当性は根底から崩れる。

エリザベス女王が94歳になり、チャールズ皇太子への王位継承が迫る王室は、米富豪ジェフリー・エプスタイン被告(勾留中に自殺)の未成年者性的搾取にアンドルー王子が関係していた疑惑もあるだけに、メーガン夫人の告発は致命的な打撃となった。

エリザベス女王を君主とする英連邦王国やイギリス国内の若者世代に王室廃止論が再燃する恐れが膨らんでいる。

20230207issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2023年2月7日号(1月31日発売)は「日本のヤバい未来2050」特集。『未来の年表』河合雅司:人口減少の業界大予測/ケン・リュウ(SF作家):書き下ろし未来小説/ドミニク・チェン(情報学者):「老人支配」打破の処方箋

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

岸田首相、荒井秘書官を更迭 LGBTなどめぐる発言

ビジネス

データ会社ION攻撃のハッカー集団、身代金受け取り

ワールド

中国外務次官が訪ロ、ラブロフ外相らと協力促進を協議

ビジネス

マスク氏とテスラが勝訴、株式非公開化の「資金確保」

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    やりすぎたかも......美容整形を受けた男性セレブたち

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    ロシアで「国を滅ぼすような内戦」が起きる可能性...…

  • 9

    復帰した「世界一のモデル」 ノーブラ、Tバック、シ…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 3

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 10

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中