コラム

平壌市民が驚いた「腰の低い大統領」

2018年09月28日(金)11時45分
平壌市民が驚いた「腰の低い大統領」

Pyeongyang Press Corps/Pool via REUTERS

平壌市民たちの表情が一瞬、変わった気がした。

平壌の順安飛行場。9月18日、飛行機のタラップから敷かれたレッドカーペッドに降り立ったのは、南北首脳会談のために訪問した文在寅大統領だった。

「マンセー(万歳)!」「チョグットンイル(祖国統一)!」

旗と花を手にした市民が、そう声を挙げて歓迎すると、つかつかと文大統領が駆け寄り握手を始めたのである。

少し驚きながらも握手に応じる市民たち。すると文大統領の後ろから金正恩委員長が「そろそろこちらへ」という風に、レッドカーペッドに戻るよう即した。
 
驚きの場面はこれで終わらなかった。

15万人の市民の前でお辞儀した文大統領

場所は変わって大同江水産物レストラン。

ここは韓国側が事前に「大統領が平壌の庶民的な店で食事をしてみたいと言っている」と要求し、セッティングされた店である。

文大統領は店内に入ると、ここでも食事をする市民らに「お味はどうですか?」などと質問を投げかけ、握手を交わしたのだ。今度は妻の金正淑氏が「その辺で」と制するほどだった。

平壌滞在中に宿泊した迎賓館を出る際も、見送る施設のスタッフらと一人一人握手を交わした。

握手のほかにも話題になっているのは、文大統領の「お辞儀」だ。平壌市民らが歓迎を示すと、文大統領はその都度、深くお辞儀をしてみせた。

大規模マスゲームが披露された綾羅島メーデー・スタジアムで、15万人の市民の前で文大統領がお辞儀をすると、金委員長がつられてお辞儀しそうになる場面もあった。

最高指導者の権威は絶対的であると学んできた平壌の人々の目に、南から来た「腰の低い大統領」の姿はどう映ったのだろうか。

平壌市民らに大きなインパクトを与えた

他にもこんなことがあった。北朝鮮側が準備した歓迎公演の会場に両首脳が入場すると、観客の拍手と歓声が鳴りやまない。金委員長が制してもしばらく拍手と歓声が続き、これについて韓国メディアは「文大統領を平壌市民が熱烈に歓迎した」と報じている。

プロフィール

金香清(キム・ヒャンチョン)

国際ニュース誌「クーリエ・ジャポン」創刊号より朝鮮半島担当スタッフとして従事。退職後、韓国情報専門紙「Tesoro」(発行・ソウル新聞社)副編集長を経て、現在はコラムニスト、翻訳家として活動。訳書に『後継者 金正恩』(講談社)がある。新著『朴槿恵 心を操られた大統領 』(文藝春秋社)が発売中。青瓦台スキャンダルの全貌を綴った。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米が敵対策継続なら非核化協議再開せず─外務

ビジネス

米ターゲット、通期利益見通し引き上げ 好調な年末商

ビジネス

ユーロ圏、成長減速長期化 通商問題など重し=アイル

ワールド

政敵捜査の「見返り」に首脳会談、トランプ氏「命令」

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 6

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 7

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 8

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 9

    ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメ…

  • 10

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 6

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 9

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 10

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 9

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!