コラム

コロナショックで加速する経済の大再編──日本と世界はどう変わるのか

2020年03月19日(木)12時19分
コロナショックで加速する経済の大再編──日本と世界はどう変わるのか

世界経済のブロック化はすでに進んでいる NITO100/ISTOCKPHOTO

<新型コロナ問題で加速するグローバル経済の分断。世界が3つのブロックに分かれたとき、日本はどこに組み込まれる?>

新型コロナウイルスの感染が世界的に広がっている。米中は既に貿易戦争とも呼べる状況になっているせいで輸出入は縮小傾向だが、コロナウイルスがそれに拍車を掛けている。今回の感染が終息を迎える頃には、米中の分断がさらに進み、世界経済がブロック化しているかもしれない。

これまでの時代は、アメリカの旺盛な消費が世界経済を支えてきた。アメリカの需要を満たすため、中国が世界の工場として機能し、大量の製品を供給することで経済が成り立っていた。日本もその枠組みの一部を構成しており、日本から中国に輸出された部品の多くは、中国国内で最終製品として組み立てられ、アメリカに再輸出されている。日本の対中貿易額は既に対米貿易額を上回っており、俯瞰的に見た場合、日中はもはや一体の関係といってよい。

2018年における中国の対米輸出額は約5400億ドル(約57兆8000億円)にも達しており、アメリカの輸入総額の21.5%を占める。米中はまさに互恵関係にあったわけだが、その流れを大きく変えたのがトランプ大統領である。

トランプ政権は中国を敵視する政策に方向転換し、中国からの輸入に高関税をかけた。現時点でも交渉は継続中だが、事実上、米中は貿易戦争と言ってよい状況だ。

米国企業は中国からの輸入が不利になった場合、別の国からの輸入に切り換えるか、国内産に切り換えるかの選択を迫られる。アメリカは製造コストが高いので、付加価値が低い製品についてはメキシコなど中南米からの輸入が有力候補となる。

一方、中国企業はアメリカという最大の顧客を失うので、別の地域への輸出を模索することになる。欧州など先進国向けの輸出は急には増えないので、東南アジアなど経済成長が著しい地域への輸出を強化するはずだ。

中国中心の巨大経済圏

実際はどうなのだろうか。19年1~9月期におけるアメリカの貿易統計を見ると、中国からの輸入が前年同期比で13.5%減少し、メキシコ、ブラジルからの輸入は5.0%増加した。中国からの輸入が不利になった製品については、中南米からの輸入に切り換え、それができないものは自国産を使用した様子が見て取れる。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

楽天、5Gプランは月2980円 4Gと同額

ビジネス

午後3時のドルは105円半ば、米株安で円高進行

ワールド

タイ観光協会、第4四半期の外国人観光客を前年比99

ワールド

米大統領選討論会、コロナ対応や最高裁判事人事で激論

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 10

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!