コラム

リーマンショック以降で最大の転換点を迎えた中国経済 2つの選択肢から見えるシナリオとは?

2018年10月30日(火)15時40分
リーマンショック以降で最大の転換点を迎えた中国経済 2つの選択肢から見えるシナリオとは?

写真はイメージ William_Potter-iStock

<今の中国経済は、バブル前の70年代日本に近い状態と言える。バブル経済を発端に中国が、途上国型経済から内需主導の先進国型経済への脱皮を図った場合、日本企業に大きな影響が及ぶ......>

2018年7~9月期のGDP成長率が予想を下回ったことで、中国経済に減速懸念が生じている。中国は外需やインフラ投資を主軸とする途上国型経済から、内需中心の成熟経済へとシフトしつつあるが、こうした中で発生したのが米中貿易戦争である。一連の事態にどう対処するのかで、中国経済の先行きは大きく変わりそうだ。

輸出と消費は好調だが、インフラ投資が大幅減

中国国家統計局が発表した2018年7~9月期のGDP(国内総生産)成長率は、物価の影響を除いた実質で前年同期比6.5%と市場予想を下回った。4~6月期の成長率は6.7%だったので0.2ポイント縮小したことになる。中国経済はすでに6%台に成長率が低下しているが、ここまで成長率が下がったのはリーマンショック以来である。

中国のGDP統計は、日本や米国などと異なり、生産面からの推計が中心となっており、業界ごとの成長率で分析を行うケースが多い。

鈍化が目立ったのは建設業で、政府主導のインフラ建設が停滞したことが大きく影響している。一方、製造業は6%、ITは32.8%と高い成長が継続しているので、世界の工場という立場は変わっていない。中国税関総署が発表した9月の貿易統計は輸出(ドルベース)が前年同月比14.5%と大幅な伸びを示しており、対米貿易黒字は過去最高を記録した。個人消費との関係が深い卸売業や小売業も6.2%の伸びなので内需も堅調さを維持している。

こうした状況について、日本でもおなじみの支出面から見たGDPに置き換えて説明すれば「個人消費は堅調に推移し、輸出も増加しているが、公共事業の伸びの鈍化が全体の足を引っ張っている」といったところになるだろう。不動産投資にもわずかだが鈍化傾向が見られる。

中国の経済統計については、一部から不透明性が指摘されているが、貿易統計については相手国の統計が存在しているので、基本的にウソをつくことはできない。中国企業の業績や米国、日本の貿易統計などを総合的に考えると、輸出が好調なのはほぼ間違いない。

中国政府は現在、地方政府の債務削減など財政のスリム化を進めているので、公共事業は大幅に減っている可能性が高い。一方、来日する中国人観光客の動向などから個人消費は堅調に推移していることが推察できる。したがって、消費と輸出は堅調だがインフラ投資で鈍化が目立つという先ほどの見立ては、中国経済の現状をおおよそ言い表していると思ってよいだろう。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!