コラム

シリア「虐殺された町」の市民ジャーナリストたち

2018年04月13日(金)18時03分
 シリア「虐殺された町」の市民ジャーナリストたち

SNSを通して届いたISからRBSSメンバーへの脅迫=『ラッカは静かに虐殺されている』より(UPLINK提供)

<歴史上初めて、市民が欧米メディアに代わって戦争報道を担う状況がシリアに生まれている。ISに支配されたラッカからSNSで発信を続け、注目を集めた市民ジャーナリストグループを追ったドキュメンタリー映画『ラッカは静かに虐殺されている』。彼らはいま、米軍・有志連合の支援を受けたクルド人民兵という新たな敵と対峙している>

過激派組織「イスラム国」(IS)のシリア側の都だったラッカを舞台に、市民ジャーナリストがIS支配を告発するドキュメンタリー映画『ラッカは静かに虐殺されている』が4月14日から東京で公開される(公式サイトはこちら)。

ISはインターネットを通じて世界に宣伝画像を拡散させ、3万人以上の若者たちを中東や欧米から集めた。ISに抵抗する市民が使う手段もまたインターネットのSNSだった。このドキュメンタリーはSNS時代に拡散する暴力に対する「市民の闘い」の記録である。

映画の題名『ラッカは静かに虐殺されている』(Raqqa is Being Slaughtered Silently:略称RBSS)は、そのまま市民ジャーナリストグループの組織名である。

2014年春、シリアの都市ラッカをISが支配し、その直後に市民が秘密抵抗組織としてRBSSを設立した。RBSSはラッカにいる十数人の市民ジャーナリストが秘密裏に情報収集し、写真、映像を撮り、国外にいるメンバーに送って、ツイッター、フェイスブックなどのSNSにアップする。イスラムを厳格に解釈し、違反する市民を鞭で打ったり、手を切断したり、斬首や銃殺による処刑を繰り返すISの恐怖支配の様子を伝える。

アラブの春とともに始まり、国際報道自由賞を受賞したが

この映画はIS支配下のラッカを描くドキュメンタリーではなく、ラッカから送られてくる情報を受けて発信する国外チームを追ったものである。

国際組織「ジャーナリスト保護委員会」(CPJ)は2015年の「国際報道自由賞」にRBSSを選んだ。映画の冒頭に、ニューヨークで行われた授賞式でRBSSメンバーのアブドルアジズ・アルハムザ(通称アジズ)が受賞演説を始める場面がある。

ラッカから遠く離れたニューヨークでスポットライトが当たる場面は、成功や栄誉の瞬間ではなく、普通の市民がISを敵に回して、途方もないリスクを負う戦いの始まりなのである。

RBSSには実は前段階がある。2011年にアラブ世界で吹き荒れた民主化運動「アラブの春」が始まる前、アサド体制のもとでラッカは平穏な地方都市だった。チュニジア、エジプトで強権体制を崩壊させた若者たちのデモは、シリアにも波及した。ラッカでも「国民は政権崩壊を望む」と叫ぶ市民デモが始まった。

シリア内戦の発端となった場所は南部の都市ダラアだ。2011年3月、「民衆は体制崩壊を求める」と壁に落書きした少年たちを警察が拘束し、拷問したことに、その家族や地域の住民が抗議した。

激化した抗議デモに対して政権が軍・治安部隊で武力制圧し、多くの犠牲者が出て、騒ぎが全国に広がったとされる。ダラアはラッカと同様、スンニ派部族の勢力が強い地域で、政府への抗議はラッカにも飛び火した。

シリアの市民ジャーナリズムは「アラブの春」とともに始まった。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)。最新刊は『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ビジネス

豪中銀、当面は金利据え置きへ=ロウ総裁

ワールド

原油先物に売り、WTIは7週連続下落へ

ワールド

伊政府、橋崩落事故で運営会社の調査開始 罰金科す可

ビジネス

トランプ米大統領がドル高評価、「経済は堅調」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 3

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 4

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

  • 7

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 8

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 9

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 10

    「慰安婦像」計画を却下した金正恩が、強硬路線に方…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!