コラム

スローガンは立派、でも中身に乏しい政策目標はイギリスも

2023年01月30日(月)16時45分
リシ・スナク英首相

就任からずっと存在感の薄かったスナク英首相が突如、意欲的な政策を掲げたけれど(1月19日、英モアカム) Owen Humphreys/Pool via REUTERS

<就任以来「雲隠れ」を非難されていた英スナク首相がついに動き出したが、どの大胆な政策も実現性は怪しい>

政治オタクの人なら、1月のイギリスは驚くほど興味深かったはずだ。

まず、リシ・スナク英首相が5つの公約を発表した。これによって次の総選挙で有権者が彼の政権を判断できるとのことだ。

これは、いくつかの点で意義深い。スナクは首相就任以来「姿が見えない」「メディアから雲隠れしている」などと非難されていたが、いまや舞台の中心に登場して自身がリーダーであることを見せようとしているからだ。

さらに、保守党は「アイデアを出し尽くし」ており単に「政権与党の地位にしがみつくだけが目的」と思われていたが、今やスナクは政府の信念や政府が達成し得ることを宣言している。

2つ目に、憲法上の膠着状態になっている問題がある。

スコットランド自治政府は性別変更の法的手続きを簡易化する法案を可決した。(複雑な法律を簡単に説明すると)16歳以上の人なら自身で性別を「自己申告」できるとする法案だが、英中央政府はこの法制化を撤回すると発表した。スコットランドの権限移譲以来初めて、英中央政府はスコットランド議会の決定に対する拒否権を行使する構えだ。

英中央政府はスコットランド法35条の但し書きにより、イギリスの法律との整合性に悪影響を及ぼすと判断した場合、スコットランド議会の法案を阻止できるとしている。英政府は、スコットランドの人々が性別を選べるようになる法律を認めることは、イギリスの現行法とも女性の権利を守る平等法とも相いれないと主張している。

だが重要な点は、スコットランド議会がこの法案を可決し、イギリス政府がそれを撤回しようとしているということであり、こうして自治政府の限界が示され、(スコットランドのナショナリストたちにとっては)完全独立が必要であるとの正当性をますます高まることになるということだ。

1つでも劇的な変化は期待できない

3つ目に、英政府は「レベリング・アップ(不振にあえぐ地域を活性化し地域格差を減少させる)」政策でどの地域に資金を投入するかを発表した。

不振に苦しむ地域での効果的なプロジェクトに公的資金を転用する、というのがその考え方だ。イギリスにはかなりの貧富の格差が存在し、かなりの確率でそれは地域差による(例えば南東部は北東部地域よりずっと裕福だ)。才能と野心のある人々は可能性に恵まれた場所に移ってしまいがちだから、この状態は延々と続く傾向がある。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラン、100機超える無人機発射 イスラエル軍発表

ワールド

イランがイスラエルに無人機とミサイル発射、革命防衛

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 8

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 9

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 10

    マレーシアの砂浜で、巨大な「グロブスター」を発見.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story