コラム

世界初コロナワクチン接種イギリスの第1号女性に、イギリス人の本音は

2020年12月14日(月)13時21分
世界初コロナワクチン接種イギリスの第1号女性に、イギリス人の本音は

「トップをきって新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたマギー・キーナンは、慎重かつ巧妙に人選された Jacob King-Pool-REUTERS

<第1号は「工業都市に住む90歳の女性」だった。イギリスでは今、副作用の懸念や効果の度合いより、人々の関心はひたすら「優先順位」と「自分はいつ受けられるか」>

これは確かに「うれしい悩み」のうちに入るが、それでも悩みには違いない。

人々の命を守り、人々にある程度の日常を取り戻してくれて、経済を救ってくれるであろうワクチンを、どうやったら公平に配分できるだろうか、という問題だ。いったい誰から始めるのだろう?

第1号になったのは、「(内陸部の工業都市)コベントリーに住み孫もいる90歳の女性」マギー・キーナンだった。

僕たちは皆、以前よりはPR戦略だの情報操作だのに鋭くなっている(ひねくれている?)から、イギリス中で何千人もがワクチンを接種することになる初日に、なぜ彼女があえて正式な「1番乗り」の人物として選ばれたのだろうか、と話題にせずにはいられなかった。

その人物は、ロンドンの住民から選ぶわけにはいかなかった(そんなことをすればロンドンを拠点にする政治家連中が首都を厚遇しているように見えてしまう)。たとえ健康上の潜在的リスクが高くても、裕福な60歳のビジネスマンを選ぶわけにもいかなかった(そうすれば「金持ち優先」的な雰囲気になってしまうから)。

イギリス社会は今や、特別な配慮を求める人種的マイノリティーを優遇していると思い込んでいる白人が多くなっているから、BAME(黒人、アジア系、その他マイノリティー人種)から選ぶのも避けたほうが賢明だろう。

でも、キーナン夫人のアイルランドなまりは誰が見ても明らかで、だからこそ彼女を選んだのは賢い選択だった。彼女は「白人イングランド人」ではないが黒人でもなく、近年やって来た移民でもない。ファッショナブルでも裕福でもない街の住民で、つまりは(地理的にも隠喩的にも)イギリスの中央にいるわけだ。

彼女にワクチンを注射した看護師はフィリピン人だった。そこには巧妙な「メッセージ」が用意されていた。僕たちのイギリスは多様性に富んだ国であり、移民は僕たちの医療システムに極めて重要な役割を果たしてくれていて、ワクチンは国民みんなのものなのだ、と。

そしてもちろん、キーナン夫人はチャーミングで前向きで、ワクチン接種は素晴らしいことで何ら不安は感じておらず、病院スタッフに感謝している、と皆に喜んで語り掛けた。ウイルス懐疑派よ、これでもくらえ!

今のところは、たとえばイギリスを構成する4つの国(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)のそれぞれに大規模なワクチンセンターを設立するなどして確実にワクチンを公平に分配する見込みのようだ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ビジネス

ANAとJALの会員情報流出、予約システム会社にサ

ビジネス

英中銀、回復への下向きリスクに強く対抗すべき=ハス

ビジネス

米長期金利上昇、インフレ懸念でなく回復期待を反映=

ワールド

米上院民主、失業給付加算縮小で合意 コロナ追加対策

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 2

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 3

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測される

  • 4

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 5

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 8

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 9

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 10

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!