コラム

コロナ危機で圧倒的に不利になる貧しい子供の教育

2020年04月16日(木)17時15分
コロナ危機で圧倒的に不利になる貧しい子供の教育

今年の統一試験は「教師の主観を混ぜた総合評価」になるだろう Luke MacGregor-REUTERS

<労働者階級の子供たちは裕福な家庭のような自宅学習を受けられないだけでなく、公平公正な筆記試験の機会すら奪われそう>

新型コロナウイルスの混乱とロックダウンのなか、この1つの事柄を取り上げるのはひねくれ者に見えるかもしれないが、学校閉鎖がいかに貧しい家庭の子供たちを不利な立場に追いやることになるか、僕は特に懸念している。概して、高い教育を受けた両親を持つ、より裕福な家庭の子供たちは、本が簡単に手に入るという点であれ、両親に教えてもらえたり、オンラインの個人授業を受けられたり、あるいは単に兄弟と同室ではなく勉強できる自分の部屋があるという意味であれ、つまりはよりよい自宅学習を受けられるということになるだろう。

分かり切ったことかもしれないが、教育はレースのようなものだ。誰が最も賢いかを明確に計りはしないが、ある一定の段階において誰が最も知識を持っているかは、仲間の集団と比べて計られる。先頭グループはよりよい大学に入り、その後の人生によりよい展望を描ける。それは人生の成否を分ける可能性がある。僕の経験ではまさにそうだった。

今年、GCSE(イギリスの義務教育修了時に行われる統一試験)とAレベル(2年間の高等教育後に行われる全国統一試験)は、点数をつけるというより、「教師の主観を混ぜた総合評価」になるだろう。16歳で受けるGCSEは、学問的な才能がある人物かを判断して得意科目を見極めるためのもの。18歳で受けるAレベルは、どの大学に入れるかを決めるものだ。

僕は学生時代、常に教師たちから過小評価されていただけに、教師の主観を混ぜた評価には個人的に警戒感を覚えてしまう。たぶん僕が学校で、さえない教師の授業にすぐに退屈してしまう、だらしなくて反権威的な生徒だったからだろう。僕がちゃんと宿題をやったか親がのぞき込んで確認しなかったからというただそれだけの理由で、僕はしょっちゅう宿題をやり忘れた。これらを見ても、僕はかなり典型的な労働者階級のティーンエイジャーだったわけだ。

だから教師たちは僕を好かず、高評価もしなかった。不公平だが、一理ある――この意味、分かってもらえるだろうか。もしも僕が16歳の時に教師の主観込みの総合評価を受けていたら、ひどい成績だったろうし、大学を目指すことさえやめたほうがいいと勧められていたかもしれない。進路指導担当教師は、その前から既に、僕に郵便配達員になるのを勧めていた。

「育ちのいい子」のほうが出来がいいという主観

にもかかわらず、16歳時の僕の試験の成績はそれなりにまともで、僕が歴史科目で適性ありなことを示していた。僕はこれに基づいて5つの名門大学に出願し、全てに合格し、その中でオックスフォード大学に進学した。オックスフォード大学でも僕は、2人のチューター(学生の個人指導に当たる教授)から「あまり賢くない」というようなことを言われるという経験をした(1人は僕のなまりをからかい、もう1人は僕を平均まで「引き上げて」あげようと言った。実際には僕は卒業試験でトップ評価を目指していたし、実際にトップを取ったのだが)。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、香港の優遇措置撤廃を指示 国家安

ワールド

トランプ氏服用の抗マラリア薬、全米で使用急減 リス

ワールド

仏ルーブル美術館、7月6日に再開へ マスク着用など

ビジネス

FRB議長、コロナ対応の継続強調 「種々の政策手段

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 3

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 6

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 7

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!