コラム

スターリンの恐怖と今のロシアの危険な兆候

2018年06月27日(水)17時20分
スターリンの恐怖と今のロシアの危険な兆候

1945年にポツダム会議に出席したスターリン PUBLIC DOMAIN

<国を掌握するために敵ばかりか同志まで徹底的に粛清したスターリンの恐怖は明らかだが、プーチンのロシアではそれを美化するような揺り戻しも見られる>

最近、オックスフォード大学時代について書いた本を出したことで、僕は歴史学の学部生だった頃に読んだ興味深い本のうち何冊かをもう一度読み返したくなった。なかでも今日、うれしくも読み終えた『スターリンの恐怖政治』(邦訳・三一書房、原題The Great Terror)ほど印象的だったものはない。ずっしりと重い学術書だが、数千万のソ連市民を殺害し、投獄した1930年代スターリン主義の破滅的恐怖を描く、というこの本のテーマの大きさを考えればこの長さも当然だ。

数多くの詳細な記述があるものの、全体としてのテーマは著者コンクエスト(イギリスの歴史学者)の手で見事にまとめられている。スターリンが自身の権力を維持しようとするあまり、自国で無慈悲に大量虐殺を繰り広げたということだ。

この本は、スターリンの恐怖の本質と範囲について、まだ論争が続いていた1960年代後半に初版が出版された。でも僕の読んだのは1990年の再版で、ゴルバチョフ大統領の「グラスノスチ(情報公開)」によって入手できた新たな証拠や証言が加えられていた。

僕はここで書評をするつもりはない――20世紀の歴史を理解したい人は直接この本を手に取ることをお勧めする――けれど、指摘しておきたい点がいくつかある。まず、この本を読んでなお、スターリンの卑劣な本質や彼の支配体制に対して何らかの淡い幻想を抱くことは不可能だということだ。

いまだに一部では、スターリンは残忍な男だったがそれでも(間違いだったとはいえ)何か高貴なことを成し遂げようと奮闘した「運命の人」だった、という見方がある。だが、道徳的限界をわきまえない権力に取りつかれたサイコパス的殺人者だ、と見るほうがずっと正確だろう。

彼は(赤軍に対抗した)ロシア白軍の兵士など「階級の敵」だけでなく、ボリシェビキ(レーニン率いる左翼の多数派政党)時代のごく親しい同志までも殺害した。彼の権力闘争に付き従った忠実な取り巻きたちまで殺した。

著名なボリシェビキのうち、国家への反逆を企てたとして逮捕・処刑された人の数は、驚くに値する。彼らにかけられた容疑は「破壊」(故意に経済を妨害したこと)やスパイ行為(日本やポーランド、イギリスに協力したこと)、スターリンを殺害してファシスト政権を打ち立てようと陰謀を企てたこと、20年前に共産党員を装い潜入した帝政の秘密警察の一員であったこと、など。

スターリンは、十月革命とロシア内戦を主導したボリシェビキのリーダーたちはほぼ全員が「悪質な反共産主義者」であると国中に知らしめ、スターリンのこのばかげた考え方およびスターリンのやり方に従わない者は全員、粛清するよう命じた。

この愚かな嘘を実行するためには、途方もないレベルの恐怖が必要だった。その範囲は共産党全体、そして国全体にまで広がった。1934年から1939年の党大会の間に、半数をはるかに上回る議員が反革命的だとして逮捕された。一般議員のうちその職に留まれたのはたった2%だった。

ソ連共産党は事実上、スターリンによって形作られた全く異なる新共産党になった。子供ですら処刑されることもあり、被告の妻や娘たちも投獄され、拷問も日常的に行われていた。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)など。最新作は『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは113円後半、ユーロは一時1.132ド

ビジネス

前場の日経平均は小幅続落、上値追いの材料乏しく

ビジネス

中国不動産投資、1─10月は前年比+9.7%に鈍化

ワールド

米「レームダック」議会再開、予算やロシア疑惑捜査な

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 7

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が…

  • 8

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 9

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 10

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 3

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 8

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 9

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 10

    【動画】ロシア軍機が米軍機をインターセプト

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!