コラム

スポーツを侵食する新時代ギャンブル

2017年08月25日(金)14時30分

彼らも賭けをやっていた。まるで彼らは、僕と違う試合を観戦しているかのようだった。僕はアーセナルがシーズン開幕戦を勝利で飾れるかどうかを見ていた。彼らが見ていたのは、賭けが当たるかどうかだった。

今の時代のギャンブルは、驚くほど多くの賭けの種類がある。従来のような「アーセナルが勝つか」だけでなく、最初に得点する選手は誰か、前半戦のスコアはどうなるか、1試合で2ゴール以上になるかならないか、最終的なスコアはどうなるか......という具合だ。

後ろにいた男たちの1人は大声で、「両チームが前半と後半で得点する」のに賭けておけばよかった、と嘆いていた。実際、そういう試合展開になったのだ(「オッズは16倍だったのに!」と、その男は悔しそうにまた言った)。

オッズはゲームが展開するにつれて変わる。例えばこの試合は、両チームとも前半20分までに得点したので、「16倍」もその時点で変わっていただろう。つまり、前半と後半の両方で得点する確率がぐっと高まったから、オッズが下がるというわけだ。ある選手の調子が悪そうだったとしたら、彼が得点するオッズは上がる可能性がある。両チームともディフェンスがお粗末だったら、1試合で計5ゴール以上というオッズは下がるだろう。

こんな具合に「ライブ中継」システムの中で、欲深いギャンブラーたちにはさまざまな賭けが提供される。まだ試合の途中なのに「配当を得る」こともできる(例えば今のところ「勝って」いるけれど、次のゴールで全てパアになるかもしれないので、途中でやめて少なめの配当金をもらったりする)。

【参考記事】アメリカの部活動は、なぜ「ブラック化」しないのか

海を超えてJ2に賭けるイギリス人

僕の理解では、ギャンブラーの心理というのは、自分の予想が当たった時に満足感を得られる、というものらしい。彼らは派手に勝った記憶は永遠に忘れず、それまで何カ月も少しずつ負け続けてはその何倍ものカネを失っていたことは忘れてしまうので、その後の何カ月もまた、同じ失敗を繰り返して賭けては負け続ける。

そして彼らは、どんな勝利でも喜びを得る。アーセナル対レスター戦で「両チームとも得点する」に賭けた人間は、両チームとも得点力があることを見抜いていたから賭けたんだ、と胸を張るだろう。

その人が、同じ試合で他にも複数の賭けをしていて、そちらで負けたとしてもきれいに忘れてしまうだろう。例えばレスターで今季初ゴールを決めるのはバーディーと予想し(実際は岡崎真司選手)、試合はアーセナルが3-2で勝つと予想していたかもしれない(実際は4-2)。

つまり、1試合でトータルで見ればカネを失ったにも関わらず、勝った記憶と満足感だけが残る、という事態もあり得るということだ。そしてそのギャンブラーは、カネを失っても賭けを続けることになる。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)など。最新作は『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、OPEC批判 人為的に高い原油「

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案引き上げ正式発表 1株4

ビジネス

GE、第1四半期調整後利益は予想上回る 株価6.8

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案価格引き上げの公算 1株

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 2

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 3

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知っているので最悪の事態にはならない

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    地球外生命体との「未知との遭遇」は中国のほうが先?

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!