注目のキーワード

コラム

独裁者アサド「復活」を歓迎する中東諸国...アメリカの意向より大切なものとは?

2022年04月12日(火)18時15分
ムハンマド皇太子とアサド

UAEを訪問しムハンマド皇太子と握手するアサド(3月18日) SYRIAN PRESIDENCY FACEBOOK PAGEーAP/AFLO

<シリア内戦で国際的に孤立していたアサドが、周辺国と続々「和解」している。ロシアのウクライナ侵攻を称賛するアサドの復活が意味すること>

ロシアのウクライナ侵攻と歩調を合わせるかのように、シリアのアサド大統領が国際社会に「復帰」しつつある。

2011年にシリアで始まった反体制抗議運動をアサド政権は強硬に弾圧。アラブ連盟はシリアを資格停止とし、西側諸国は制裁を科した。ところが11年前に反体制派を支援したアラブ首長国連邦(UAE)は3月、訪問したアサドを温かく迎え入れ、アブダビ首長国のムハンマド・ビン・ザーイド皇太子が「この訪問がシリアと地域全体にとっての利益、平和、安定の始まりとなることを望む」と述べた。

UAEは18年12月に在シリアの大使館を再開し、昨年11月に外相を首都ダマスカスに派遣した。ヨルダンも既にアサド政権との関係を回復させ、アメリカに対シリア制裁解除を呼び掛けている。

一方、米国務省のプライス報道官はアサドのUAE訪問を「無数のシリア人の死と苦しみに責任を負うアサドを正当化しようとする試み」だとし、「深い失望」を表明した。

アサドとの関係修復についてUAEのガルガーシュ大統領外交顧問は「地域における危機の解決策を見つけるための実践的なアプローチ」の一環だと説明した。「アメリカを失望させない」ことより地域の安全保障を優先するという、UAEの明白な意思表示である。

アラブ諸国にとって最大の脅威はイラン

UAEやサウジアラビアなどのアラブ諸国にとって最大の脅威はイランだ。しかしアメリカはイラン核合意再建を目指し、イランに妥協するばかりであり、その結果イランの支援するイエメンのホーシー派がUAEやサウジに対する弾道ミサイル・ドローン攻撃を激化させている。

1月以来、ホーシー派はUAEへの攻撃を繰り返し死者も出しているのに加え、3月末にはサウジの浄水場や石油関連施設を立て続けに攻撃。西部の都市ジェッダの貯蔵タンクが炎上する事態となり、米当局もイランによるホーシー派への武器供給が原因だと非難した。しかしアメリカはUAEやサウジの要請に反し、ホーシー派をテロ組織に指定することも、イランへの妥協的姿勢を改めることもない。

アサド政権にとってイランはロシアと共に、軍事的、経済的支援を続け国土回復を強力に後押ししてくれた盟友である。一方でアラブ諸国から見ればシリアはアラブの仲間であり、イランのようなイデオロギー的脅威でもない。シリアを懐柔し、シリアにおけるイランの影響力をそぐことでイランの脅威を封じ込めようというのがアラブ諸国の戦略だ。

プロフィール

飯山 陽

(いいやま・あかり)イスラム思想研究者。東京大学大学院人文社会系研究科単位取得退学。博士(東京大学)。イスラム教という切り口から国際情勢を分析している。主著に『イスラム教の論理』(新潮新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

印マルチ・スズキ、純ガソリン車を7─10年で廃止へ

ワールド

インド石油会社への臨時課税、原油40ドル下落なら撤

ビジネス

仏タレス、豪州軍への物資提供でエクスパルと提携

ワールド

豪求人広告、6月は08年以来の高水準 利上げでも前

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中