コラム

世界がさすがに看過できなかった、アッバス議長の反ユダヤ主義発言

2023年10月13日(金)13時40分
アッバス

アッバスはこれまでも反ユダヤ主義的発言を繰り返してきた ISSAM RIMAWI-ANADOLU AGENCY/GETTY IMAGES

<これまでもアッバス議長はたびたびユダヤ人に対する憎悪を煽る発言を繰り返してきたが、今年8月の発言は限度を超え、西側諸国は一斉に非難。日本はどう対応したのか?>

「ヒトラーが『ユダヤ人だからユダヤ人を殺した』というのは真実ではない」「(ヨーロッパが)ユダヤ人と戦ったのは、宗教ではなくその社会的な役割が理由」「彼らが高利貸しだったからだ」

8月24日、パレスチナ自治区ラマラで開かれた会議でこう述べたのは、パレスチナ自治政府(PA)のアッバス大統領(議長)だ。加えて彼は、ヨーロッパのユダヤ人は古代イスラエル人の子孫ではなくトルコ系ハザール人の子孫であり、イスラエルの地とは無縁の存在だと強調した。

この演説が英語に翻訳されて報じられると、日本を除く西側諸国が一斉に非難した。

EUは当該演説には「ユダヤ人と反ユダヤ主義に関する虚偽かつ重大な誤解を招く発言が含まれていた」とし、歴史歪曲にして「ホロコーストを矮小化し、反ユダヤ主義をあおる」と非難する声明を出した。

アメリカのリンダ・トーマスグリーンフィールド国連大使と反ユダヤ主義の監視と撲滅のためのアメリカ特使デボラ・リップシュタットは、「憎悪に満ちた反ユダヤ主義的な発言」と非難した。

イギリス外務省も、「アッバス大統領による最近の反ユダヤ主義的発言を非難する」という声明を出した。

フランス・パリのアンヌ・イダルゴ市長は「ヨーロッパのユダヤ人虐殺を正当化した」と非難し、それは「われわれの普遍的価値観と歴史的真実に反する」として、2015年に授与したパリ市最高の栄誉を示す「パリ市大金章」の剝奪を宣言した。

アッバスが反ユダヤ主義的発言をするのはこれが初めてではない。1982年、ホロコーストを矮小化・否定する趣旨の論文でソ連科学アカデミー東洋学研究所(当時)から歴史学の博士号を授与されている。

昨年8月には、イスラエルはパレスチナ人に対して50ものホロコーストを行ったと非難、今年5月にはイスラエルはナチスのゲッベルス宣伝相のように嘘ばかりついていると演説した。

日本政府は中東和平問題についてパレスチナとイスラエルが共存する二国家解決を支持し、93年から今年までに累計23億ドル(約3376億円)もの支援をしてきた。政府もメディアも和平を推進するパレスチナの指導者としてアッバスを遇してきた。

政府とメディアは日頃から人権問題への取り組みとしてジェンダーギャップ解消やLGBT権利増進のために尽力しているとアピールする。しかしなぜか、同じく人権問題であるはずの反ユダヤ主義については無関心を貫く。

プロフィール

飯山 陽

(いいやま・あかり)イスラム思想研究者。麗澤大学客員教授。東京大学大学院人文社会系研究科単位取得退学。博士(東京大学)。主著に『イスラム教の論理』(新潮新書)、『中東問題再考』(扶桑社BOOKS新書)。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

豪政府のガス開発戦略、業界団体が歓迎 国内供給不足

ビジネス

日経平均は反落、朝高後軟調 3万9000円再び下回

ビジネス

午後3時のドルは156円台でじり高、1週間ぶり高値

ワールド

台湾総統就任式、中国が日本議員出席に抗議 「協調精
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 9

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story