コラム

2023年はAIが生成したフェイクニュースが巷にあふれる......インフォカリプス(情報の終焉)の到来

2023年01月19日(木)18時47分

ブラジル連邦議会は、ボルソナロ前大統領の支持者が侵入し破壊された(1月8日)......REUTERS/Ricardo MoraesREUTERS/Ricardo Moraes

<2023年はAIを利用したフェイクニュースやディープフェイク(AIによって生成された動画)がネットにあふれ 、情報の終焉(インフォカリプス)と呼ぶべき事態がせまっている......>

2020年にはほぼ実用段階に入っていた技術

2023年にはAIを利用したフェイクニュースやディープフェイク(AIによって生成された動画)がネットにあふれるという予測がある。

AIにおおまかな指示を与えるだけで、複数の人間になりまして、SNSへの投稿をおこない、反応があれば自律的に応答してくれる。必要があればマニフェストや長文の記事も作るし、そのための著名人の登場する偽の画像や動画も用意できる。たとえば習近平の台湾軍事侵攻発表のスピーチ動画を生成し、記事ととともに拡散させることもできる。

言語AI「GPT-3」などはすでに陰謀論や人種差別あるいは反ワクチンといった反主流ナラティブを熟知しているので、Qアノンの陰謀論を利用して特定の政党を貶めるようなサイトのコンテンツ(自動生成した画像や偽の証拠動画つき)の生成はお手のものだ。

疲れを知らず24時間365日、大量の情報を発信し、必要に応じて画像や動画をアップロードし、反応に迅速に応答する。そして誹謗中傷にあっても決して心が折れることがなく、一貫性があり、相手の発言を忘れない。無敵だ。

2020年の段階でこれらのすべてをほとんどお金をかけずに個人でも実行できるようになっていた。たとえば2019年にサイバーセキュリティ会社FireEyeの大学院生のインターンがAIを3カ月訓練して2016年のアメリカ大統領選でロシアがおこなったのと同等のデジタル影響工作をおこなえるようにしている。

2020年にはGPT-3を使ったボットが大手SNS、Redditに投稿と反応への返信をおこなったが、人間ではないと気づかれずに1週間活動できた。1分間に1回投稿していていたというから、デジタル影響工作に利用された時のインパクトは大きそうだ。

一部の識者は2020年のアメリカ大統領選でディープフェイクが猛威を振るうと予測したが、時代はまだ技術に追いついていなかったようだ。3年経って、これらのAIはより使いやすく手軽になった。2023年はAI支援デジタル影響工作が本格的に猛威をふるい出すと言われている。

その手軽さゆえに国家だけではなく、金目当ての企業、犯罪者、個人が使い出すのだ。AIを使ったネット世論操作=AI支援デジタル影響工作ツールは戦術核の威力を持った火炎ビンのようなもので、その利用は「情報テロ」とでもいうものだ。本稿の情報の出典については拙noteでご紹介している。

インフォカリプス(情報の終焉)の到来

しかし、こうした研究や警告があったものの、AI支援デジタル影響工作の危険性は一部に知られるに留まっていた。AIによって職が奪われたり、自律型兵器が開発される危惧に関する記事を見かけることはあっても、AI支援デジタル影響工作ツールについての記事はあまりなかった。
しかし、失職や兵器に比べると直接的な被害は少ないものの、社会を分断し、メディアや情報への信頼が失われ、「インフォカリプス:インフォメーション+アポカリプス(黙示録)」をもたらす。インフォカリプスはミシガン大学の研究者アビーブ・オバディアの造語で、大量の偽情報があふれ、もはや情報の真偽を見分けることすらあきらめてしまう状態を指す。

すでにさまざまな調査でニュース忌避やニュースを信頼性ではなく利便性(タイパ)で選択する傾向が見られるようになっており、インフォカリプスはすぐそこにある未来だ。最後の一押しで世界をインフォカリプスに突き落とすのがAI支援デジタル影響工作の可能性が高い。

プロフィール

一田和樹

複数のIT企業の経営にたずさわった後、2011年にカナダの永住権を取得しバンクーバーに移住。同時に小説家としてデビュー。リアルに起こり得るサイバー犯罪をテーマにした小説とネット世論操作に関する著作や評論を多数発表している。『原発サイバートラップ』(集英社)『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』(集英社)『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)『ウクライナ侵攻と情報戦』(扶桑社新書)など著作多数。ツイッター

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

独BMW、メキシコ工場に約8.7億ドル投じてEV化

ワールド

ウクライナ国防相が交代へ、後任に情報機関トップ

ワールド

米、撃墜した中国偵察気球の回収作業に着手

ワールド

中国財政相と人民銀総裁、インドで債務国との会合に出

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 5

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 6

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 7

    トップレスの女性が教会に現れ、大暴れ...キリスト像…

  • 8

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 9

    写真家にも愛された、ダイアナ妃のドレスがオークシ…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中