コラム

イーロン・マスクが言っていない、倫理面も問われる3つの「少子化対策」

2022年05月16日(月)17時28分
赤ちゃん

Virginia Yunes-iStock

<「日本は消滅する」......イーロン・マスクの発言が物議を醸したが、先進国の高学歴女性が子供を産まなくなるのは世界共通の現象。万人が賛成しづらくも、「少子化で日本消滅」を回避するための3つの解決策とは?>

「当たり前の話だが、出生率が死亡率を上回るような変化が起きない限り、日本はいずれ存在しなくなる。これは世界にとって大きな損失である」

実業家で大富豪のイーロン・マスクがツイッターに書き込んだ言葉が日本で大きな反響を呼んでいる。

しかし、マスクがトイレで軽い気持ちで書いたかもしれない言葉に大騒ぎするのはばかげている。実際、この投稿で言っていることは、「夜になると暗くなる」というのと同じくらい当たり前のことだ。

日本の合計特殊出生率は1.33。2011年以降は毎年、人口が減り続けている。これは日本だけの現象ではない。アメリカ、中国、韓国など世界の半分近い国で、出生率が人口を維持するのに必要な水準である2.1を割り込んでいる。

人口減少は経済成長の足を引っ張り、年金制度などの社会保障制度の財政を逼迫させる。出生率の低下は、20~21世紀における社会の3つの大きな変化が原因だ。それは、都市化、女性の教育レベルの上昇、避妊法の普及である。

まず、都市化が進行すると、女性が産む子供の数は減る傾向がある。伝統的な農村社会では、子供をたくさん儲けることが生き残りのための有効な手段だった。

一家の労働力が増えれば、安全と食料を確保しやすくなるからだ。しかし、都市の生活では、家庭外の自由と機会が広がり、多くの子供を産もうという動機が弱まる。

高いレベルの教育を受けた女性は、キャリアとライフスタイルの選択肢が増え、自立した人生を送りやすくなる。その結果、出産と育児に全てのエネルギーを注ぐのではなく、一人の人間として充実した人生を送るためにもエネルギーを割くようになる。

1960年以降、女性たちはピル(経口避妊薬)を用いることにより、いつ、何人の子供を産むかを自分でコントロールできるようになった。ピルが利用できるようになった国ではどこでも、家庭外での機会を追求するために子供を儲ける時期を遅らせる女性の割合が増えている。

多くの国では、出産時の現金給付や有給出産・育児休業制度などの対策を実施してきたが、出生率の低下という大きな流れを変えることはできていない。移民を受け入れても、都市部の高教育層の出生率低下の根本的な原因を改めることはできない。

出生率の上昇につながる可能性がある変革が3つある。しかし、いずれも万人が賛成するものではない上に、私たちの生き方を根本から変えることになる。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

消費者態度指数2月は1.1ポイント上昇、判断「改善

ビジネス

JPモルガン、HSBCとスタンチャートに香港・台湾

ビジネス

中国製造業PMI、2月は49.1に低下 5カ月連続

ワールド

インドネシアCPI、2月は前年比+2.75% 予想
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 2

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒーロー」ナワリヌイの正体

  • 3

    ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロは「ホラーで社会風刺」にも成功した

  • 4

    NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性…

  • 5

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強…

  • 6

    「ボストンを変えた」交響楽団に音楽監督として乗り…

  • 7

    経済が下向きな上、政府は理不尽──外国人投資家が歴…

  • 8

    仏大統領のウクライナ派兵巡る発言、NATO諸国に…

  • 9

    生涯賃金から見える日本の学歴格差、男女格差、地域…

  • 10

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 4

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story