コラム

巨乳レストラン「フーターズ」の社長が皿洗いとして自社の店に潜入!

2010年02月18日(木)11時14分

「アンダーカバー・コップ」というと身分を隠して潜入捜査する警察官のことだが、米CBSテレビの『アンダーカバー・ボス』は、大企業のCEOが自社の末端の労働者として仕事の現場に潜入する番組。

 たとえば全米のゴミ処理を独占するWM(ウェイスト・マネージメント)社のCEOがゴミ回収の仕事に就く。周囲は彼が社長だとは知らない。テレビカメラは撮り続けているが単なる取材だと言われている。だからゴミ回収車のドライバーが本社のCEOを「このオッサン、いい歳して全然使い物にならないな!」と怒鳴りつけたりする。ボスは初めて社員の苦しみ、生活の厳しさを知り、待遇改善の必要を感じたりする。

 先週の「アンダーカバー・ボス」はフーターズの社長コビー・ブルックスだった。フーターズは巨乳レストラン・チェーンだ。ウェイトレスはみな巨乳、それがピチピチのタンクトップとホットパンツでむちむちぷりんと客を迎える。女の子の乳と尻と太ももと笑顔を見ながらバッファローチキンウィング(手羽揚げ)をつまみに生ビールをぐっとやってオヤジはみんなニコニコという、死ぬほどアメリカンな店だ。タイガー・ウッズがひっかけた女性にもフーターズ・ガールがいたっけな。

 もともとフロリダのローカルな店だったフーターズは1984年、投資家ロバート・ブルックスに買収されてからチェーン展開を始め、今では全米に450店舗の他、中南米、ヨーロッパ、日本以外のアジア各国に支店を広げ、2000年代には航空会社フーターズ・エア(スチュワーデスが巨乳にホットパンツ)やラスベガスにフーターズ・カジノ・ホテルをオープンし、飛ぶ鳥を落とす勢いだった。

 2006年、社長のブルックスが69歳で亡くなると、息子のコビーが後を継いだ。その彼が今回アンダーカバー・ボスになろうと考えたのは、まず金融危機以来、業績が低迷しているからだ。フーターズ・エアは潰れ、ラスベガスのホテルも火の車、各店舗の売り上げも落ちている。ここで現場や顧客の声からヒントを得て打開策を見出したい。

 もうひとつはコビーが社長であることを世間にアピールするためだ。先代社長は死ぬ時、遺書でコビーに資産の30%しか相続させなかった。先代の資産とは主に「フーターズ」の権利だ。そして遺書には同じく30%を先代と21歳下の後妻の間の娘に相続させると書いてあった。娘は現在まだ12歳なので実質的にはその母親が財産を管理する。先代はさらに妻に対して20年間毎年100万ドルを生活費として支払うと遺書に書いていた。つまりコビーは社長とはいえ、継母とその娘よりも会社に対する支配力が弱いのだ。

 コビーは共同経営者になってくれる投資家を探して継母と娘から会社の権利を買収しようとしているが、そのためにも「フーターズ」を実際に運営しているのは自分であることを世間に知らしめる必要があった。

 さて、コビーはスコットという偽名でテキサス州ダラスのフーターズに雇われる。40歳すぎたバスボーイ(皿洗い)として冷たい視線にさらされながら、大量の鳥の手羽を洗い、床を拭き、ゴミと格闘する。しかし労働のキツさよりもずっとショッキングなことが待っていた。

 コビーはフーターズ・ガールと一緒に、昼飯時のビジネス街で割引チケットを通行人に配る。ところが道行く女性たちから浴びせられた言葉は厳しかった。「いやらしいお店でしょ」「恥ずかしくないの?」「女性差別もいいところよ」「自分の娘にはフーターズなんかで働いてほしくないわ」小学生の娘が2人いるコビーは愕然とする。

 さらにコビーはGM(ジェネラル・マネージャー)のセクハラを目撃する。「オレが女どもをしつけるのを見ていろよ」と、GMはフーターズ・ガールを整列させ、舐めまわすように品定め。容姿についてヒドイことを言う。そして浅い皿に豆を入れて「手を使わないで豆を全部食べるんだ」と命じる。クビを恐れて女の子たちは犬のように皿を舐める。それを見ながらグヒグヒと喜ぶGM。たしかにこれでは女性差別と言われてもしかたがない。コビーの目から思わず涙がこぼれる。

「フーターズなんか、ないほうがいいのかも......」会社の存在意義そのものを揺るがされて目の前が真っ暗になったコビーは別の店にも潜入する。そこのGMは女性だった。しかも元フーターズ・ガール。彼女は従業員の辛さを知り、励まし、客のセクハラから守りながら店というチームを引っ張っていく。フーターズのウェイトレスが受け取るチップは平均20%以上(通常は15%)。この高賃金で、大学に行き、子供を育てている女性が大勢いるのだというGMの話を聞いて、コビーは働く女性のための店、という経営方針に目覚めていく。

 最後はコビーがみんなの前で正体を明かし、善人には報いを、悪人には罰を与えるという民話的なオチがつくのだが、日本でもやらないかね? オイラが勤めてた出版社の社長は、編集者がいくら徹夜で働いても翌朝10時に出社しないと給料を引く、編集の現場のことなんかコレっぽちも知らない奴だったからなー。

 でも、この番組でオイラがいちばん驚いたのは、実は、フーターズ本社で制服に支店名を刺繍している場面だった。

 Hooters,Tokyo,Japan.

 えーっ! やっと日本に進出するのー? 聞いてないよー!

プロフィール

町山智浩

カリフォルニア州バークレー在住。コラムニスト・映画評論家。1962年東京生まれ。主な著書に『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文芸春秋)など。TBSラジオ『キラ☆キラ』(毎週金曜午後3時)、TOKYO MXテレビ『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』(毎週日曜午後11時)に出演中。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自主返納広がる

  • 2

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格差」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    またもプラゴミがクジラの命奪う 胃に40Kgのゴミ飲…

  • 6

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 10

    ボーイング最新鋭機はなぜ落ちたのか

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 8

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 9

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 10

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!