コラム

3カ月間だけ英雄だったマザーファッカー

2010年05月18日(火)16時18分
 筆者の住むイーストベイと対岸のサンフランシスコを結ぶ、ACトランジットというバス路線がある。今年2月、その車内で「黒人のチンピラにからまれた白人の老人が逆にそのチンピラを素手で殴り倒して撃退する」映像がネットに上がった。

 

 同じバスの乗客が現場を携帯電話でビデオに撮ってYouTubeに上げたのだが、すぐにツィッターやブログで広まり、視聴数はその日のうちに100万を超えた。いわゆるミーム(Meme)、またはヴァイラル・ビデオ(Viral Video、ウィルスのように伝播攪拌されるビデオ)になったわけだ。

 白人の老人はZZトップのように長く白い髭と見上げるような長身が特徴で、いつしかエピック・ベアード・マン(Epic Beard Man、デカいヒゲ男)と名付けられた。ベアード・マンはビデオのなかで「わしは67歳だ!」と叫んでいた。

 ネットではベアード・マンを「英雄だ」と讃える人々と、その反対派の間に論争が巻き起こった。日本風に言えば「祭り」が始まったのだ。

 ネットでは投稿者の年齢や人種がわからないので憶測しかできないが、書き込みを見る限り、ベアード・マンを讃える人々は黒人のティーンエイジャーやストリート・ギャングによる暴力事件への憤懣を抱えている人々が多かった。なかには黒人に対する差別的な書き込みも目立った。

 ベアード・マンの人気はサブウェイ・ガンマンを思い出させる。1984年、ニューヨークの地下鉄でからんできた4人の黒人少年をバーンハード・ゲイツという白人が拳銃で撃ち倒した。彼は一時、英雄と讃えられた。

 YouTubeには、ベアード・マンが黒人の相手と戦う映像にヒットポイントの体力ゲージをつけた格闘ゲーム・バージョンや、アニメーション、ベアード・マンに捧げる歌などがUPされた。

 地元のメディアの取材でベアード・マンの本名はトム・ブルーソと判明した。彼は元ホームレスで、今はオークランドの貧困者用老人ホームに住んでいる。ベトナム帰還兵で、友人の間では「ベトナム・トミー」と呼ばれている。

「ブルーソはお国のために戦った英雄だ! 彼にお金を送ろう!」

 ベイエリアのIT業者がアード・マンに感動し、彼のために一口5ドルの寄付を募るファン・サイトを立ち上げた。その他、ブルーソの伝記を出版社や映画界に売り込もうとするマネージャー志願も現れたという。

 そうしたベアード・マン人気のいっぽう、彼の行動を一種のヘイト・クライム、つまり差別による暴力だと批判する声も少なくない。

 というのも、実際の経緯はこうだからだ。

 バスの運転手や乗客の証言によると、バスに乗って来たベアード・マンは他の乗客全員に聞こえる大声で「ブラザー(黒人のこと)は靴磨きがうまいんだよ」と話し始めたという。60年代まで靴磨きは黒人の仕事とされていた。ビデオを見ると、他の乗客にはアフリカ系が何人かいる。ブルーソは彼らを意味もなく人種的に侮辱、挑発した。だから、黒人女性の1人が携帯のビデオで、この失礼な白人の老人を撮影し始めたというわけだ。

 この先はそのビデオに記録されている。ブルーソは向かいの席に座る痩せたアフリカ系の乗客に「あんた、いくらでわしの靴を磨いてくれる?」と尋ねた。

「なんでオレがあんたの靴を磨くんだ?」

 アフリカ系乗客(後にマイケル・ラヴェットという名前と判明)は、驚きと怒りも露わに訊き返した。「何を怒ってるんだ。わしは差別したわけじゃない」ブルーソは肩をすくめた。「チャイナマンにだって同じこと言うさ」 Chinamanとは中国人だけでなくアジア人全般を指す侮蔑語だ。

 ブルーソは前の席に逃げた。怒りの収まらないラヴェットは彼を追う。他の黒人女性の声で「このジジイの白いケツをやっつけてやりな!」とけしかける声が聞こえる。

 ブルーソが「わしは67歳だが、お前なんか怖くないぞ!」と凄むと、ラヴェットはブルーソの胸を拳で押した。その途端、ブルーソは猛烈なパンチの嵐をラヴェットに浴びせた。ブルーソの腕は丸太ん棒のように太く、拳はグレープフルーツより大きかった。対するラヴェットはブルーソよりふたまわり小さかった。

 ガクっと膝をついたラヴェットに「わしを舐めるなよ!」と言い捨ててブルーソはバスを降りた。車内の青い座席には真っ赤な血が飛び散っている。ラヴェットは鼻と口からダラダラ出血している。

 ブルーソは「黒人のチンピラを懲らしめた老いたる英雄」なんかじゃなかったのだ。
 
 その後の報道でブルーソの正体がどんどん暴かれていった。彼は実は暴力事件で何度も逮捕されている札付きのならず者だった。ベトナムに行ったというのもウソだった。事件の当日バスに乗ったのはマリファナを買いに行く途中だった。「67歳」と言っているが実際は64歳だった。逆に殴られたラヴェットは若いチンピラなどではなく、実は50歳の男性だった。

 寄付サイトはいつの間にか終わった。ブルーソ・ブームは3カ月間で消えた。

 ビデオはバスを降りるブルーソの後ろ姿を追う。その青いTシャツの背にはこんな言葉がプリントされていた。

I am a motherfucker.

 まったくその通り。

プロフィール

町山智浩

カリフォルニア州バークレー在住。コラムニスト・映画評論家。1962年東京生まれ。主な著書に『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文芸春秋)など。TBSラジオ『キラ☆キラ』(毎週金曜午後3時)、TOKYO MXテレビ『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』(毎週日曜午後11時)に出演中。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 2

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されていることがわかった:研究結果

  • 3

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸せなことか

  • 4

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 5

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 6

    日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員…

  • 7

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 8

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 9

    「アイル・ビー・バック」のせりふと共にターミネー…

  • 10

    米軍は駐留米軍「総力」で韓国を防衛する(米軍幹部)

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!