コラム

キテレツ発明品まつり「メイカー・フェア」は役に立たないのが楽しい!

2010年05月27日(木)15時17分

 銀色に輝く流線型のロケット。1930年代のパルプ雑誌の表紙にあったような宇宙船が目の前にそびえたっている。本当に金属製で、10メートルほどあって人間が乗れる大きさだ。

 その向こうでは蒸気機関で動くロボットが白い湯気を吹き上げて人力車を引いている。スティーム・パンク――内燃機関が発明される前に人類が夢見たハイテクだ。

 こちらではライブ演奏が始まった。楽器の周りで何人もが汗びっしょりで自転車をこいでいる。このアンプはすべて人力発電機を電源にしているのだ。

 真っ赤な消防自動車がある。ただしホースから吹き出すのは真っ赤な炎だ。英語で消防車をファイヤーエンジンと呼ぶからって本当にファイヤー出すなよ!

 そこら中、奇想天外というか奇妙奇天烈なメカやマシンだらけで超ワクワクする「メイカー・フェア」に行って来た。

 今年はカリフォルニア州サンマテオで5月22・23日に開かれた。DIY(Do It Yourself)の雑誌『メイク(Make)』が2006年に始めた愛読者の集いで、今では全米各地を巡回する人気イベントだ。

 『メイク』誌は日本でいえば『大人の科学』みたいな雑誌。子どもの頃、ハンダごてでラジオを作った人なら胸がキュンとする科学工作の例が沢山詰まっている。『大人の科学』みたいに値段が高くない代わりに立派なキットはついてない。一般の読者が家にあるものや廃物を利用して作った「発明品」を投稿し、それを掲載するシステムなのだ。

 たとえば、「ビデオデッキのタイマーを利用して猫に決まった時間に自動的にエサをあげるマシン」とか、「使わなくなったマウスを改造して、本当に床を走り回るネズミ・ロボットに」とか、「たった5ドルでできるクラッカーの箱を使ったギターアンプ」とか。とにかく製作費が安いのがうれしい。

 「ジャムの瓶で作るジェット・エンジン」や「自宅で作るバイオ・ディーゼル燃料」なんてのもある。研究所でしか扱えないと思っていたテクノロジーを台所で実験できるのが素晴らしい。

 メイカー・フェアは、そんな発明家や工作家たちの大集会で、ソック・モンキー(靴下で作った猿のぬいぐるみ)みたいな簡単な手芸キットから、自作R2-D2(『スター・ウォーズ』のロボット)なんて高度なものまで出品されている。

 『メイク』誌の編集長マーク・フラウエンフェルダーはテック系の有名ブログニュースサイト、ボイン・ボイン(Boing Boing)の創設メンバーの一人でもある。50年代のティキ(ハワイ風)なイラストレイターとしても知られ、ティキ趣味が高じて、今は南太平洋のラロトンガ島に妻子と共に暮らし、ネットを使って『メイク』を編集している。

 そのフラウンフェルダーが新しい本を出した。『手で作る/使い捨て社会に意味を求めて』というタイトルが示すように、今の世の中、何でも完成したものを買ってきて、動かなくなると買い換えるようになってしまった。昔は生活に必要なものはみんな自分で作っていたのに。

 といってもメイカー・フェアは一獲千金を目指す発明家たちの品評会なんかじゃない。

 たとえば高性能スピット・ガン。スピット・ガンとはストローの袋を唾で濡らして玉にしてストローで吹いて飛ばすイタズラだが、それの高精度版を作ろうというのだ。

 これに何の意味がある?
 
 飛ばない銀色のロケット、炎を吹く消防車、ジャム缶で作ったジェット・エンジン......どれにも意味はない。まったく商売にならないところが、いい。

 「『メイク』が楽しいのは、必要なものを作らないことなんだ」フラウンフェルダーはインタビューで言っている。必要性とか利益を考えると、楽しくなくなってしまう、と。

 今の世の中、効率ばかり考えると、逆に人はものを作らなくなる。わざわざ苦労して作ったり修理するよりも買ってきたほうが早いし安いから。人件費の安い国で作らせたほうがいいから......。

 フラウエンフェルダーはスティーヴン・コルベアの番組に出演したことがある。コルベアは保守で新自由主義の政治コメンテイターのフリをして彼らを皮肉るコメディアン。彼はフラウンフェルダーを「みんなが『メイク』を読んで何でも自作するようになったら消費が衰えますよ」と非難した。「ものは全部中国人に作らせればいいんです」

 だからダメになっちゃったんだよ!

プロフィール

町山智浩

カリフォルニア州バークレー在住。コラムニスト・映画評論家。1962年東京生まれ。主な著書に『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文芸春秋)など。TBSラジオ『キラ☆キラ』(毎週金曜午後3時)、TOKYO MXテレビ『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』(毎週日曜午後11時)に出演中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ハリス米副大統領、非武装地帯訪問へ=韓国首相

ワールド

ウクライナ4州の住民投票終了へ ロシア動員抗議続く

ワールド

自由で開かれたインド太平洋実現へ、日豪首脳会談で岸

ワールド

安倍氏の一般献花始まる、午後に国葬 首相は弔問外交

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 7

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中