コラム

お笑いニュースがオバマ保険を救う?

2009年09月02日(水)14時44分

 毎晩欠かさず観ているニュース番組はNBCでもCBSでもABCでもない。CNNでもMSNBCでも、ましてやFOXニュースでもない。コメディ・セントラルの『デイリー・ショー』だ。

 そう、お笑い専門ケーブル局のお笑いニュース・ショーだ。キャスターのジョン・スチュワートもジャーナリストなんかじゃない。コメディアンだ。でも、『デイリー・ショー』はどんなニュース番組や新聞よりも明快で痛快なのだ。

 たとえばビジネス専門チャンネルCNBCでシロウト向けの投資コンサルタント番組をやってる評論家ジョン・クレイマーを呼んだ時は、彼の過去のビデオを「証拠」として見せる。

「投資するならリーマン・ブラザーズ! 買いだ!」

「AIGは安心な銘柄だ! 買いだ! 買いだ!」

「シティ・グループの株はどんどん上がるぞ! 買いだ! 買いだ!」

 クレイマーが買え買え言ってた会社の株はその後のリーマン・ショックでどの株も紙切れ同然。視聴者に大損をさせておいて謝りもしない無責任な「株のカリスマ」にスチュワートは放送で謝罪させた。

「他の新聞やニュースが許しても、このジョン・スチュワートは黙っちゃいないぜ!」 ああ、遠山の金さん並にスカっとする! そんなわけで『デイリー・ショー』は時事問題離れが激しい若者や、逆に「マスコミは左派偏向だ」といってニュースや新聞を読まない右派保守層からも人気を集めているのだ。

 8月20日、『デイリー・ショー』のお白砂に、ベッツィー・マコーヒーが引き立てられた。彼女はオバマ政権の医療保険改革を潰そうとする反対派の急先鋒だ。

 マイケル・ムーアの『シッコ』でご存知のように、アメリカは先進国で唯一、公的医療保険がない。「アメリカン・ジャーナル・オブ・メディスン」誌8月号によると、個人破産の原因の62%が自分や身内の病気や怪我。治療費が払えずに破産するのだが、恐ろしいことに彼らの72%が民間の医療保険に加入している。保険会社は何だかんだと難癖をつけて医療費支払いを拒否するからだ。

 営利優先の医療保険に国民が振り回されるこの状況を改善すべく、民主党は政府運営の医療保険を実現しようとしてきたが、石油や金融に次ぐ巨大産業となった保険業界と、彼らに取り込まれた共和党は激しく妨害し続けてきた。そんなアンチ公的保険勢力の先頭でたいまつを掲げているのがベッツィー・マコーヒーだ。

 マコーヒーはブルームバーグ・ニュースなどのコラムで、オバマの保険法案では「死を迎えた末期患者の医療費について、医者と保険を管理する役人たちが協議して支払を拒否するだろう」と書いた。また「この公的保険の運営費には、老齢者向け公的医療保険メディケアの予算が当てられる」として、高齢者にとって危険な法案だと批判した。

 このマコーヒーの記事はオバマ保険を恐れる人々に大きな影響を与えた。去年の共和党の副大統領候補だったサラ・ペイリンもその1人だ。ペイリンは自分のブログで「オバマ政権は高齢者や身体障害者を切り捨てようとしている。政府は患者の社会的な生産性を基準に患者を生かすか殺すか決めるデス・パネル(死の審査会)をやる気だ」と書いた。そして「デス・パネルは御免だ」と書いたプラカードを掲げた群集が、医療保険を説明するタウンホール・ミーティングに殺到して話し合いを妨害した。

 実はこのマコーヒーは、90年代にクリントン政権が公的保険法案を出したときにも、それを叩き潰している。1342ページもある法案を読み通したと称するマコーヒーは自分のコラムで法案の問題点を指摘した。「公的保険が実施されると民間保険には入れなくなる」「医師への支払いは公的保険を通す以外になくなる」

 そのコラムは政治雑誌『ニュー・リパブリック』に転載され、これがセンセーションを巻き起こした。共和党はその記事を楯に法案を批判し、葬り去った。マコーヒーの記事は社会に最も大きな影響を与えたとして全米雑誌賞を受賞した。

 マコーヒーはそれまでほとんど無名だった。大学で政治史を学んだ後、裕福な投資銀行家と結婚して18年間専業主婦をしていたが92年に離婚して、ウォール・ストリート・ジャーナル紙などに政治コラムを書き始めたところだった。ところが「クリントン保険潰しの立役者」としていちやく有名になった。

 97年、ニューヨーク州知事選に立候補した共和党のジョージ・パタキはマコーヒーの人気に目をつけ、彼女を副知事候補に指名した。2人は当選し、なんの政治的経験もないマコーヒーはいきなり副知事になってしまった。

 しかし、マコーヒーのクリントン保険批判は間違っていた。大問題になった2点「公的保険が実施されると民間保険には入れなくなる」と「医師への支払は保険からのみ」という文面は法案のどこにも載っていなかった! 1000ページ以上もある法案を「全部読んだ」と称するマコーヒーに圧倒されただけだったのだ。信じられないほどお粗末で、しかもアメリカらしい話!

 マコーヒーは『デイリー・ショー』に呼ばれた時も、1000ページ以上あるオバマ保険法案のコピーを抱えて登場し、ドサっとテーブルに置いた。でも、ジョン・スチュワートはそんなハッタリに動じず、基本的な質問をした。

「で、この保険が高齢者の医療費支払いを拒否するというのは、法案のどこに書いてあるんですか?」

「ここに書いてありますよ!」

 マコーヒーはパラパラとページをめくりはじめた。パラパラパラパラ。いつまでも。見つからないうちにコマーシャルになってしまった。スチュワートはあきれて言った。

「ちゃんと付箋つけといてよ!」

 結局、マコーヒーが書いた問題点とやらは法案の中に発見できなかった。パニくった彼女は叫んだ

「誰かが、そのページを隠したのよ!」

 って、そのコピーを持ってきたのはあんたでしょ!

 こんなレベルで足を引っ張られて公的保険が実現せず、医療費が払えずに破産したり死んだりするアメリカ人はあまりに悲惨だよ。

プロフィール

町山智浩

カリフォルニア州バークレー在住。コラムニスト・映画評論家。1962年東京生まれ。主な著書に『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文芸春秋)など。TBSラジオ『キラ☆キラ』(毎週金曜午後3時)、TOKYO MXテレビ『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』(毎週日曜午後11時)に出演中。

ニュース速報

ワールド

アングル:米民主党進歩派の「顔」、グッズ販売で狙う

ワールド

米超党派議員がIOCに書簡、北京五輪の延期や開催地

ビジネス

アングル:暗号資産ブームのパキスタン、後手に回る法

ビジネス

アングル:ノンアルビール、「コロナ明け」機に大手が

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な相違点がある)

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 7

    日本の皆さん、習近平は「シー・チンピン」でなく「…

  • 8

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 9

    「世界中でアメリカ大使が不在」で考える大使の存在…

  • 10

    東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 8

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 9

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 10

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中