注目のキーワード

バラク・オバマ

ニューズウィーク日本版『バラク・オバマ』に関する記事一覧

人気の大統領だったのにオバマの命名運動が振るわない理由
アメリカ社会

人気の大統領だったのにオバマの命名運動が振るわない理由

<レーガンやブッシュとは大違い――出身地ハワイにはオバマの名を冠した学校や通りがない> 建物や学校...

2020.03.04
        
オバマからトランプへ、米政治の「退化論」(パックン)
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

オバマからトランプへ、米政治の「退化論」(パックン)

<汚職とヘイトを重ね続ける、そんな大統領を許せるか? 今の共和党員は口をそろえて答えそう、Yes, ...

2020.01.17
        
大統領が慰める相手は銃乱射の被害者、じゃなくてサウジアラビア⁉(パックン)
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

大統領が慰める相手は銃乱射の被害者、じゃなくてサウジアラビア⁉(パックン)

<実は歴代の米大統領もサウジアラビアには妙に優しい> 先日フロリダ州ペンサコーラで発生し3人が死亡...

2019.12.27
        
「オバマの再来」オロークが民主党予備選から撤退......候補者レースの本質は「対比」にあり
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

「オバマの再来」オロークが民主党予備選から撤退......候補者レースの本質は「対比」にあり

<オロークが18年上院選で注目されたのは、不人気な共和党現職テッド・クルーズと比較されたから> ア...

2019.11.12
        
オバマを支えたミシェルにアメリカ女性が惹かれる理由
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

オバマを支えたミシェルにアメリカ女性が惹かれる理由

<独立した強い女性でありながら、カリスマ政治家の夫を支えるために脇役にまわったミシェル・オバマ。大ベ...

2019.01.11
トランプ、自分のゴルフクラブに入り浸り 4日に1日
トランプ

トランプ、自分のゴルフクラブに入り浸り 4日に1日

<そんなに暇な仕事なら自分にもできそう> ドナルド・トランプ米大統領は25日朝、バージニア州スター...

2018.08.27
        
トランプ時代に売れるオバマとバイデンの「ブロマンス」探偵小説
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

トランプ時代に売れるオバマとバイデンの「ブロマンス」探偵小説

<トランプ政権下にオバマ時代を恋しがるアメリカ人は、まだまだストーリーの続きを期待している?> 5...

2018.08.17
トランプの「オバマつぶし」、エボラ対策費を削減
トランプ政権

トランプの「オバマつぶし」、エボラ対策費を削減

<コンゴでエボラ出血熱の再発生が報告されるなか、オバマの作った医療プログラムを標的にする愚かさ> ...

2018.05.21
        
FRB議長「異例」交代でも、金融政策には変化なし
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

FRB議長「異例」交代でも、金融政策には変化なし

<トランプはオバマの遺産を全否定したいが、支持率に直接響く景気の悪化は望んでいない> 数字から判断...

2017.12.02
アメリカ版「七光」政治家にも、建国の理念は揺るがない
アメリカ政治

アメリカ版「七光」政治家にも、建国の理念は揺るがない

<親族が有力政治家だった候補者は選挙で有利な面も多いが、時に輝かしい「名字」に足を引っ張られる場合も...

2017.09.27

人気ランキング

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice