コラム

オバマからトランプへ、米政治の「退化論」(パックン)

2020年01月17日(金)19時30分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
オバマからトランプへ、米政治の「退化論」(パックン)

From Hope to Hate / ©2020 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<汚職とヘイトを重ね続ける、そんな大統領を許せるか? 今の共和党員は口をそろえて答えそう、Yes, we can!>

この10年間でアメリカ政治は退化した。オバマ政権時代を象徴したHope and Change(希望と変化)は今やHate and Corruption(憎しみと汚職)に変貌。ドナルド・トランプ大統領は集会や会見で、またはツイッターを通して堂々と憎しみを発信している。まるでスローガンのようだ。その実例が多過ぎて、枚挙にいとまはない。いや、ある!

さあ、ここからはトランプのワンポイント・ヘイト・イングリッシュ! 大統領が個人攻撃に用いる文句を教えるから、皆さんも大きな声で......繰り返さないでくださいね。まずはDope(バカ)、Dopey(バカ)、Dumb(バカ)、Dummy(バカ)、Fool(バカ)、Low-IQ(バカ)......。ちょっと待って! 「バカ」の種類だけでレッスンが終わりそう。 ほかのテーマに行こう。

お次は、Crazy(狂っている)、Nut job(狂っている)、Weak both mentally and physically(精神的にも身体的にも弱い)......。あっ、これもワンパターンだ。違うのを探そう。Phony(偽物)、 Spoiled brat(甘ったれた悪ガキ)、Low class slob(下層階級の薄汚い奴)。いいね!

いや、よくない。ヘイトだから。

「個人攻撃はヘイトスピーチではない」と指摘する人もいるかもしれない。そのとおりだ。ヘイトスピーチは、ある特徴を持った社会的弱者などに対するもの。例えば、けいれんのまねをして身体障害者をバカにするとか、女性をHorse face(馬面)やDog(犬)とけなすとか、移民をrapists(レイプ犯)やdrug traffickers(麻薬売人)と一緒くたにしたり、獣や寄生虫のように表現したりとか、人権を訴える黒人アスリートをSon of a bitch(雌犬の子)と罵るとか。それならヘイトスピーチに当たる。はい、全部トランプがやっていること。見事な反面教師だね。

Corruptionも堂々と公衆の面前でやる。例えば、ゴルフ絡みのもの。ハフィントン・ポストの試算では、就任2年半でゴルフ旅行の警備費などで税金1億ドル以上を使ったが、ゴルフ場はトランプ所有のリゾートだから公金の一部は彼の財布に。G7サミットを自分のホテルで開催すると発表したのも、それを撤回するときに大統領の座を使ってホテルのPRをしたのも汚職だ。政敵ジョー・バイデン前副大統領を捜査するよう外国政府に働き掛けた「ウクライナ疑惑」も、それが発覚した直後、テレビカメラの前で中国にもバイデンの捜査を呼び掛けたのも汚職。

汚職に汚職を、ヘイトにヘイトを重ね続ける、こんな大統領は許せるか? その問いに、今の共和党員は口をそろえて答えそう。Yes, we can! と。あ~、オバマが恋しい。

【ポイント】
WHAT A DIFFERENCE A DECADE MAKES...
10年でこんなにも変わるものなのか......

<本誌2020年1月21日号掲載>

20200121issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年1月21日号(1月15日発売)は「米イラン危機:戦争は起きるのか」特集。ソレイマニ司令官殺害で極限まで高まった米・イランの緊張。武力衝突に拡大する可能性はあるのか? 次の展開を読む。

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

米大統領、CDCやファウチ氏への批判強める コロナ

ビジネス

イタリア、200億ユーロの追加刺激策準備 赤字さら

ワールド

WHO「多くの国が間違った方向に」、コロナさらに深

ワールド

米大統領、学校再開に向け支援拡充の用意=カドロー氏

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!