コラム

国内唯一の地質時代名「チバニアン」の成り立ちと意義

2022年05月31日(火)11時30分
ゴールデンスパイクが設置された「千葉セクション」

命名のきっかけとなり、ゴールデンスパイクが設置された「千葉セクション」(市原市田淵) jkunami-iStock

<ゴールデンスパイクが打ち込まれるのは、地質時代の境界および層序を地球上で最も観察・研究しやすい1カ所のみ。市原市にある地層「千葉セクション」がその場所に選ばれた。なぜ房総半島だったのか>

46億年の地球の歴史を、誕生から現在まで117に分けた「地質時代」。2020年1月には日本の地名が初めて採用されて「チバニアン(千葉時代)」と命名されました。

21日には、きっかけとなった千葉県養老渓谷にある地層「千葉セクション」(市原市田淵)に、「国際標準模式地」(GSSP)と認定されたことを示す円形のプレート「ゴールデンスパイク」が設置され、国際的に重要な地層であることが改めて確認されました。

世界各地には、短い間で形態が変わった生物の化石など、時代の境目となる情報が多く残っている地層があります。これらが見つかると、観察しやすい土地の名前に因んで地質時代の名称を決めてきました。

マンモスやネアンデルタール人の時代

時代区分の定義や名称は絶えず見直されています。国際地質科学連合(IUGS)、国際第四紀学連合(INQUA)、国際層序委員会(ICS)等で検討され、4年ごとに開催される万国地質学会議(International Geological Congress)で批准されます。

「千葉セクション」は、約77万年前に地球の磁場(N極とS極)が最後に逆転した痕跡が残っている地層です。

「チバニアン」の命名前は、磁場が反転する前の時代「カラブリアン」との境目が最も観察しやすい場所として、千葉セクションとともに、イタリア・バジリカータ州マテーラ県の「モンタルバーノ・イオーニコセクション」、イタリア・カラブリア州クロトーネ県サン・マウロ・マルケザートの「ヴァレ・デ・マンケセクション」の計3カ所の地層が国際標準模式地の候補に上がっていました。

国際標準模式地とは、国際地質科学連合(IUGS)が地質学上の世界的な基準地として認めた模式地です。地質時代の境界および層序を地球上で最も観察・研究しやすい1カ所のみが認定され、ゴールデンスパイクが打ち込まれます。

国際地質科学連合(IUGS)は2020年、最も観察しやすい場所として千葉セクションを選び、「77万4000年~12万9000年前の『新生代第四紀中期更新世』」を「チバニアン」と命名しました。

ちなみに、「チバニアン」とはラテン語で「千葉時代」を意味します。生物でいうと、マンモスやネアンデルタール人がいて、チバニアン後期の約30万年前には現生人類の祖先であるホモ・サピエンスが登場する時代です。

ところで、地質年代表を見ると、新生代新第三紀中新世の2303万年前〜2044万年前の時代に「アキタニアン」があることに気付く人もいるでしょう。こちらは残念ながら、秋田県ではなくフランスのアキテーヌ地方から名付けられています。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

ワールド

ペンス前米副大統領「全責任負う」、自宅での機密文書

ワールド

米大統領、イスラエル支援を指示 エルサレム銃撃を「

ビジネス

米ゴールドマン、ソロモンCEOの22年報酬を29%

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 9

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 10

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中