最新記事

生命

まだ生きている? オーストラリアの岩塩の中から8億3000万年前の微生物が見つかる

2022年5月27日(金)17時10分
松岡由希子

オーストラリアのブラウン層で見つかった岩塩中の液体の微生物は生きている可能性が......Schreder-Gomes Geology, 2022

<オーストラリアで、8億3000万年前の地層の岩塩の中の液体に、原核生物や真核生物の細胞と大きさ、形状、蛍光反応が一致する有機物を発見された......>

原核生物や真核生物の細胞と大きさ、形状、蛍光反応が一致する有機物が約8億3000万年前の層状岩塩の流体含有物から見つかった。

米ウェストバージニア大学の研究チームは、豪州中部の8億3000万年前の「ブラウン層」の深さ1247.1~1531.8メートル地点から西オーストラリア州地質調査所(GSWA)が1997年に採掘したコアサンプルを調べ、その研究成果を2022年5月6日に学術雑誌「ジオロジー」で発表した。

微生物が数億年もの間、岩塩の中で良好に保存された

砂漠が広がる豪州中部はかつて塩分濃度の高い海であったとされる。「ブラウン層」は、当時の海洋環境を示す岩塩が含まれる新原生代(約10億~5億4200万年前)の層序単元(共通の特徴を持つ地層のまとまり)だ。

研究チームは、透過光と紫外可視分光法(UV-vis)を用いた非侵襲的観察により、コアサンプルの岩塩の一次流体含有物にある有機物を分析した。まず、透過型顕微鏡を用いて最大2000倍で岩塩結晶の表面下を観察し、有機物とみられる物質の大きさや形状、色を分析。さらに紫外可視分光法により、この物質の蛍光反応を検証した。岩塩の保存状態は良好で、深さ1480.7メートルから1520.1メートルにわたる10の岩塩層を観察できた。

その結果、大きさや形状、紫外可視光への蛍光反応から、流体含有物に捕捉された固体は原核生物と真核生物の細胞と一致した。

地球外の化学的堆積岩での生命探査にも示唆を与えている

岩塩結晶が塩分のある表層水で成長すると、一次流体含有物に親水をとらえ、その際に結晶面やその近くにある蒸発岩鉱物や有機物などの固体も捕捉することがある。この研究結果は、捕捉された微生物が数億年もの間、岩塩の中で良好に保存され、そのままの状態を光学的観察のみで検出できることを示すものだ。

これは地球上および地球外の化学的堆積岩での生命探査にも示唆を与えている。火星にはブラウン層と同様の組成を持つ堆積物が見つかっており、サンプルを破壊したりせずに生物を特定できる可能性を示唆している。

研究チームは、研究論文で「古代の化学的堆積岩は古代の微生物や有機化合物の宿主となる可能性があると考えるべき」とし、「光学的観察は古代岩石の生物存在指標を調べる基礎的なステップと位置づけるべきだ」と述べている。

微生物はまだ生きている可能性も否定できない

地質時代にわたる微生物の生存可能性については完全に解明されておらず、「ブラウン層」の岩塩に存在する微生物はまだ生きている可能性も否定できない。

放射線は長い年月をかけて有機物を破壊すると考えられているが、2002年に発表された研究論文では、2億5000万年前の岩塩がごく微量の放射線にしか被ばくしていないことが示された。また、これまでの複数の研究結果では、代謝性変化や栄養源となりうる有機化合物や死細胞との共存により、微生物が流体含有物の中で生存しうることも示されている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル、1週間で4回の高頻度

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月