コラム

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

就任から9カ月、トランプ政権の現在地

<ハリケーン被害対応のまずさから支持率は低迷、国務大臣とは確執が続き、議会共和党との関係も良くない――就任9カ月を迎えたトランプ大統領の周辺

2017.10.17 

大物プロデューサーのセクハラ騒動と、ハリウッド文芸映画の衰退

<多くの文芸作品を製作した大物プロデューサーが長年に渡って女優らにセクハラを繰り返していたスキャンダルは、文芸映画が衰退するハリウッドの現状

2017.10.12

ノーベル文学賞のカズオ・イシグロという選択

<ブランドとしてはノーベル賞よりむしろ「格上」のイシグロを選んだのは、ポピュリズムが跋扈する世相に一石を投じ、なおかつ露骨な政治性を感じさせ

2017.10.11

小池新党の攻勢に、自民反攻の一手はあるか?

<仮に勢いに乗る「希望の党」が大連立を持ちかけてきた場合、自公が中道にシフトして連立を拒否すれば、国民にはようやくまともな二大政党の選択肢が

2017.10.06

ラスベガス乱射事件、史上最悪の犠牲にも動かない銃規制議論

<米史上最悪の銃乱射事件の発生を受けても、銃規制に向けた積極的な動きは見られない。当面の焦点となるのはその中でも些末な2つの問題> 10月1

2017.10.05

小池新党の政権構想、自民との大連立の可能性は?

<小池都知事は政権選択選挙と位置付けているが、選挙後に自民党と大連立を組むことも視野に入れていると考えれば辻褄は合う> 小池百合子東京都知事

2017.10.03

小池都知事の「希望の党」、原発ゼロ政策への疑問

<原発ゼロと排出ガス抑制を両立させるのは難しい。原発ゼロを公約にするならより大きなエネルギー政策の青写真が求められる> 小池百合子東京都知事

2017.09.28

トランプへのスポーツ選手の抗議、今後拡大する可能性も

<人種問題で抗議行動を続けるNFLの選手についてトランプが「クビにしろ」と暴言を吐いた問題で、抗議の連帯はNFLの各チーム、さらには他のスポ

2017.09.26

永田町に突然の解散風、自民党の戦略に死角はゼロなのか?

<民進党がマイナス要因を抱える今、消費増税+改憲を争点にして安倍首相が解散・総選挙に踏み切るのは有利な戦略だが、死角がゼロではない> 安倍政

2017.09.21

「正義」を冷笑して権力を手にしたトランプ

<オバマの掲げた「正義」を冷笑してのし上がったトランプに対して、全面的に「正義」を振りかざすヒラリー。これではアメリカ社会の分断は緩和されな

2017.09.19

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 3

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 4

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 5

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    金正恩、中国共産党大会に祝賀メッセージ

  • 10

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 1

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 2

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 5

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 8

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 9

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 10

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!