日本再発見

ニューヨークのミシュラン和食屋料理長が明かす、アメリカ人の好み

2017.11.30

日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

2017.11.20

イギリス人が京都で「ジン」をつくり、母国に輸出する理由

2017.10.30

食文化史研究家が語る、未だ知られざる和食の利点

2017.10.23

スペイン人が解き明かした、長寿大国ニッポンの秘密

2017.09.29

東京五輪が中小企業に及ぼすマイナス影響

2017.09.15

「AKB48」式アイドルが韓国アイドルより中国で人気の理由

2017.09.12

日本人が知らない、中国人観光客受け入れの黒い歴史

2017.09.02

若者・外国人にも人気、「横丁」ブームはいつまで続くのか

2017.08.25

職人技をいかに継承するか? 海外でも人気「角缶」復活の物語

2017.08.14

仏壇・お墓から「機械式納骨堂」へ!? 日本の供養が変わる

2017.07.29

「復活」ソニーが作ったロボットおもちゃ「toio」とは何か

2017.07.24

夏に初詣も!? 御朱印ブームだけじゃない神社界の新潮流

2017.07.06

洋食は「和食」なのか? NYに洋食屋をオープンした日本人の挑戦

2017.06.20

居酒屋不況の勝ち組「鳥貴族」のブレない信念

2017.06.13

日本「民泊」新時代の幕開け、でも儲かるのは中国企業だけ?

2017.06.09

夏場は6時間待ちも! 日本で今「かき氷」がブームの理由

2017.05.31
  • 1

MAGAZINE

特集:コロンビア大学特別講義 戦争の物語

2017-12・12号(12/ 5発売)

76年前の真珠湾攻撃は「奇襲」? 「だまし討ち」? 米コロンビア大の歴史学者が説く歴史と記憶の違いとは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 3

    ティラーソンが去り、また軍人がやって来る

  • 4

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    エルサレムをめぐるトランプ宣言の行方──意図せず招…

  • 7

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

  • 5

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 6

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 9

    応急処置で肺に針を 北朝鮮亡命兵士、救出から6時間…

  • 10

    トランプが「エルサレム首都」認めれば中東は火薬庫…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!