コラム

AI時代の最重要スキルは「自分とつながること」──『人生の目的の見つけ方』に学ぶこれからの生き方

2020年02月14日(金)13時05分

さて本題に入ろう。僕はAI時代に不可欠な最重要スキルとは、自分の本質とつながることだと思う。AIの最大の強みは、過去の情報からその傾向をつかみ、その傾向の延長線上に未来を予測すること。そのスキルでは、AIは人間より圧倒的に優秀だ。

一方で人間にあってAIにないものは、思いやり、愛、志、直感、過去情報の延長線上にない未来予測など。愛する力、志を貫く力、直感力、こうした能力は、自分の本質とつながることで、培われるスキルである。自分の本質とつながるには、「学生はこうあるべき」「男はこうあるべき」「女はこうあるべき」などと言った社会通念を一つ一つ解放していかないといけない。社会通念を手放したときに、自分が本当にしたいこと、自分が得意なことが形を見せ始める。それが自分の本質とつながる、という意味だ。

自分の好きなことなので忙しくてもストレスにならないし、得意なことなのでそこまで努力しなくても結果を出せる。人との関係もよくなるし、所得だって増えるかもしれない。

Yukawa200213_2.jpgただ社会通念を一つ一つ外していくのは簡単な作業ではない。社会通念が自我の中に深く入り込んでいるからだ。多くの人は、社会通念が社会から植え付けられたものではなく自分自身でたどり着いた信念だと勘違いしている。そして社会通念が、自分の可能性を社会通念の枠の中に押しとどめようとする。

そういう人にこの本『人生の目的の見つけ方』(KADOKAWA)をお勧めしたい。著者の勝屋久さんは僕の友人だが、友人だという事実を差し引いても非常に価値のある本だと思う。

「心の欲求」を知ること

勝屋さんは長年勤めたIBMをリストラされ、苦悩の中で自分の本質とつながり、好きなことをして、所得もサラリーマン時代を大きく上回るようになった。そのすべての過程が詳細に記されている。繊細で複雑な感情や感覚の推移の言語化に、見事に成功している。

リストラされた人、転職を迫られている人、独立しなければならない人。そうした人生の転機を迎える人が今後増えてくるのだと思う。そうした人にはぜひ読んでもらいたい。

また冒頭に書いたように、自分の本質とつながることは、AI時代の最重要スキルになる。なので若い世代にも読んでもらいたい。

この本に書かれていることは、世の中の多くの自己啓発本の真逆の内容だ。今世の中は「深く考えて行動するのが正しい」という主張が主流だ。しかし深く考えるのはAIの得意領域。人間は「頭の中の思考」と「心の欲求」との違いを認識し、心の声を聞くべきだと思う。そうすることで、一人一人が唯一無二の形での自己実現を達成できるのだと思う。

僕は、勝屋さんのような生き方をする人が今後主流になっていくと思う。AIを使うのかAIに使われるのかの差は、自分の人生を生きるかどうかにある。ある意味、大きな価値観変化が起ころうとしているのだと思う。21世紀の最大の社会変化は、この価値観変化なのではないかと思う。

【著者からのお知らせ】
■優秀な仲間たちと社会課題を解決しよう
エクサウィザーズ の強みは、技術力xビジネスセンス。社会課題の解決に向け急成長中。エンジニアだけではなく、ビジネスサイドの人材も必要なんです。チャレンジ精神旺盛な方大募集です。
集え!社会を変えるウィザード達

20200218issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月18日号(2月12日発売)は「新型肺炎:どこまで広がるのか」特集。「起きるべくして起きた」被害拡大を防ぐための「処方箋」は? 悲劇を繰り返す中国共産党、厳戒態勢下にある北京の現状、漢方・ワクチンという「対策」......総力レポート。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ワールド

韓国人男性射殺巡り北朝鮮に調査要請へ=韓国大統領府

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット氏を指名意向

ビジネス

三菱自、希望退職500—600人規模募集へ 管理職

ワールド

焦点:ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 9

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 10

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 6

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 10

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!