コラム

人類の意識進化を促進。脳への直接刺激技術にブレークスルー、10年以内の実用化目指す=TransTech2019から

2019年12月06日(金)14時20分
人類の意識進化を促進。脳への直接刺激技術にブレークスルー、10年以内の実用化目指す=TransTech2019から

「恐れ」や「欠乏感」のない意識状態になるよう脳の回路を組み替えられたら Ildar Imashev-iStock.

<超音波によって脳回路を組み替えれば、鬱や精神疾患の原因となる「恐れ」や「欠乏感」を感じなくなる?「自己実現」のさらに上、「自己超越」への到達も可能に>

エクサウィザーズ AI新聞(11月23日付)から転載

今年は人類の意識の進化にとってブレークスルーの年だった、とTransTech Conferenceを主宰する心理学者Jeffery A. Martin博士は語る。まだ技術的に不安定で政府の認可プロセスなどに時間がかかるが、経会陰超音波による脳への直接刺激が人類の意識進化に有効であることが分かったという。同博士によると、瞑想などの長期にわたる修行をしなくても、この技術で「恐れ」「欠乏の心」から「満たされた心」に簡単に移行できるようになるほか、てんかんやアルツハイマー病などの神経疾患の治療にも役立つとしている。5年から10年以内の実用化を目指すという。


Yukawa191206_1.jpg

今年の同カンファレンスに登壇したMartin博士は「昨年までのカンファレンスで『自己超越が可能なテクノロジーが今現在、地球上に存在するのだろうか』とたずねられると、『ノー』と答えていた。今年は同じ質問に『イエス』と答えることができる。自己超越を追求する研究者にとって、非常に大きな1年だった」と言う。


Yukawa191206_3.jpg


「自己超越」とは、心理学者アブラハム・マズローが提唱した欲求5段階説の一番上の段階である「自己実現」の、さらにその上に存在する段階で、「恐れ」や「欠乏感」を超越した意識状態のこと。マズロー自身晩年になり、その意識状態の存在に気付いたという。(関連記事:マズローの欲求5段階説にはさらに上があった。人類が目指す「自己超越」とは

とは言うものの、大自然の中で身を守るためには「恐れ」の感覚は不可欠だし、ゴールに向かって進むための推進力として「欠乏感」は有効だ。ただ現代社会においてライオンに襲われる可能性はまずないし、ゴールを追い続けないとならない人生ではなかなか幸せになれない。

「満たされた心」に留まることは不可

進化の過程では有効だった「恐れ」や「欠乏感」が、現代社会はそれほど有効ではないどころか、鬱などの精神的疾患の原因になってきているわけだ。

Martin博士によると、「恐れ」「欠乏感」への対処方法は3つある。1つは、「恐れ」「欠乏感」に駆り立てられるままに生きること。「この仕事につけば幸せになれる」「この人と結婚できれば幸せになれる」「この車を買うことができれば幸せになれる」「貯金がこれだけ貯まれば幸せになれる」などなど、ゴールに向かって進もうとする生き方だ。同博士によると、現代人のほとんどがこの生き方をしているという。

ただ問題は、1つのゴールに到達しても「満たされた心」の状態でいられるのは一時的。脳の中に「恐れ」「欠乏感」への回路がある限り、すぐに別のゴールを見つけては、それに突き進まなければならない。いつまでたっても恒常的な「満たされた心」にはたどり着けないのだという。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ワールド

サウジとロシア、日量1500万バレル減産も トラン

ワールド

米海軍が原子力空母艦長解任、新型コロナ支援要請を外

ワールド

新型コロナ、世界の感染者100万人突破 死者は5.

ビジネス

景気回復には財政出動や雇用維持が鍵=米FRB当局者

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 9

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!