コラム

日本人には瞑想よりもマインド風呂ネスがいい(TransTech Conferenceより最終回)

2019年02月21日(木)18時00分
日本人には瞑想よりもマインド風呂ネスがいい(TransTech Conferenceより最終回)

銭湯カルチャーは瞑想にもうってつけ? kyoshino/iStock.

エクサウィザーズ AI新聞から転載

今回の記事のタイトルをちょっとふざけた感じにしちゃったけど、日本人って銭湯のおかげでシリコンバレーの一歩先を進めるんじゃないかって、結構真剣に考えている。

人間の脳が、現代社会に最適化されていない、ということは、これまで論じてきた通り。その結果、うつ病などに苦しむ人が増えている。

そうした事態を打破しようと、シリコンバレーを中心に米国では瞑想や座禅、マインドフルネスなどが流行している。実際にマインドフルネスなどの瞑想が、人間の精神面に大きなプラスの効果をもたらすことは、既に科学的に証明されている通りだ。うつ病などの精神疾患に効くだけでなく、直感力やクリエイティビティを高める効果もあると言われている。

ただ瞑想って簡単じゃない。20分以上ただじっと座っているだけというのは、多くの現代人にとって苦痛以外のなにものでもない。

正しく瞑想できているのかどうか、なかなか自分では分からないし、瞑想の効果を実感できるようになるまでに、かなりの年月が必要だ。多分、脳内の回路が、思考に絡みとられている状態から、必要なときだけ思考を使う状態に切り替わるまで、時間がかかるのだと思う。

うまくできているのかどうか分からないまま、何ヶ月も何年も、瞑想を続ける。そんなことができる人はそう多くない。なので多くの人が途中で挫折する。

でもじっと座って行う瞑想だけが、「fundamental well being(基本的な幸福)」の状態や、「Persistant Non Sinbolic Experience(PNSE、継続的非記号経験=悟りのようなもの)の状態に入るための、唯一の方法ではない。ジョギングやサーフィン、スイミングなどのスポーツを通じても瞑想に入れるし、プログラミングなどのアクティビティに熱中している状態も、一種の瞑想状態だと思う。

多幸感を知ると体が風呂を求める

僕の経験では、じっと座っているより、身体から瞑想に入るほうがよほど簡単にPNSEに入れると思う。

僕のお気に入りは、隠ヨガ。非常にスローなヨガだ。一つ一つのポーズに時間をかけるヨガで、気がつくと心が静まり返って、瞑想状態に入っている。

最近のおすすめは、サウナや銭湯だ。サウナで約10分温まって水風呂で20秒冷やすという温冷交代浴を3セット行ったあと、20分ほど横になったり座ったりして瞑想する。身体中を血液が行き渡る感じに意識が集中することで、思考が止まり、心が穏やかになる。うまくいけば多幸感に包まれる。この方法なら、ほぼだれでもが瞑想状態に入れると思う。

この多幸感の気持ちの良さが分かるようになれば、体が勝手にサウナや銭湯を求めるようになる。週に2、3度、半年も銭湯に通えば、シリコンバレーで一生懸命瞑想しようと努力している起業家やエンジニアよりも、瞑想の効果を実感できるようになっていると思う。

幸い日本には、まだまだ街中に銭湯が残っている。日本って、そういう意味でとても恵まれていると思う。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ビジネス

トルコ大統領、仏製品ボイコット呼び掛け 風刺画で対

ビジネス

米新築住宅販売、9月は前月比3.5%減 予想に反し

ビジネス

コロナ治療法、ワクチンよりも容易で安価=ブラジル大

ビジネス

米当局、共和党全国大会でのポンペオ氏演説調査 ハッ

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 10

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!