コラム

ユーラシアウォッチ 楊海英
ユーラシアウォッチ 楊海英

モンゴルとロシアに学ぶ新型コロナ対策の真髄

<早期の強硬な措置によって感染リスクを抑え込んだモンゴルとロシア、両国の判断は中国と国境を接してきた歴史と経験の産物> 中国・武漢市を発生源

2020.04.22
ユーラシアウォッチ 楊海英

新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

<新型コロナウイルス制圧を宣言した中国だが、間もなく到来するバッタの大群「蝗害(こうがい)」への備えはあるのか> 武漢発の新型肺炎を基本的に

2020.03.24
ユーラシアウォッチ 楊海英

アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型肺炎対策に絶句した訳

<日本の危機管理は「上司からの指示」と「マニュアル」がすべて? 大手航空会社や成田空港のコロナ対策に仰天した> 新型コロナウイルスが世界各地

2020.02.25
ユーラシアウォッチ 楊海英

ジェノサイドで結ばれる中国とミャンマーの血塗られた同盟

<ウイグル、ロヒンギャ──少数民族弾圧に注がれる世界からの厳しい視線が、両国を近づける> 中国の習近平(シー・チンピン)国家主席は1月17日

2020.01.29
ユーラシアウォッチ 楊海英

基本的人権の理念を捨て、習近平を国賓に迎える安倍政権

<ウイグル人弾圧、香港抑圧の習近平・独裁体制と「世界平和」を目指す安倍政権は、人権、民主主義の理念を捨てて経済的利益を優先するのか> 「日中

2019.12.24
ユーラシアウォッチ 楊海英

ローマ教皇フランシスコが手を差し伸べない、1億人の中国人クリスチャン

<アジア諸国を歴訪した教皇フランシスコはリベラルな姿勢で知られるが、弾圧に苦しむ渦中の中国の「ヒツジ」たちへの支援は?> ローマ教皇フランシ

2019.11.26
ユーラシアウォッチ 楊海英

中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消えていった

<北海道大学教授が中国で拘束されたと報じられているが、日本政府に救出への積極姿勢は見られない。日本は「スパイ天国」。中国があざ笑っている>

2019.10.28
ユーラシアウォッチ 楊海英

中国建国70周年の祝賀パレードに登場した、チベット活仏を「俗人化」させた娘

<「ナンバー2」故パンチェン・ラマ10世の数奇な生涯と、ダライ・ラマ継承をめぐる中国の思惑> 10月1日に中国・北京の天安門広場で繰り広げら

2019.10.17
ユーラシアウォッチ 楊海英

中国建国70年、異例の「3回目の軍事パレード」を強行する理由

<10月1日の建国70周年式典で「過去最大」の閲兵式を行うのは、内憂外患の習近平にはほかに選択肢がないからだ> 10月1日の建国70周年で「

2019.09.30
ユーラシアウォッチ 楊海英

韓国に対して、旧宗主国の日本がなすべきこと

<朝鮮半島の2つの国家と付き合う上で、日本に欠けている視点が1つある。韓国人と称しようが朝鮮人と名乗ろうが、彼らは同一民族だ。本誌最新号「日

2019.09.20

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 7

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 8

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!