World Voice

powerd_by_nw

イタリア事情斜め読み

ヴィズマーラ恵子|イタリア

イタリアの新上院議長と新下院議長、右の強烈2トップ

iStock- vladacanon ヴィットリオ・エマヌエーレII世記念堂を背にして左側に見える赤茶色の建物がヴェネツィア宮殿、そのバルコニーでムッソリーニが演説をした。

イタリア右派連立政権が発足、実に11年ぶりに政権が交代した。

最後のの中道右派政府は2011年5月8日に就任したフォルツァ・イタリアの創設者シルヴィオ・ベルルスコーニが率いる第4次ベルルスコーニ政権から11年ぶりに、ナショナリズム右派政党「イタリアの同胞」の党首、ジョルジャ・メローニがイタリア初女性首相に就任した。イタリアの同胞は「国家保守主義」政党である。

10月23日(日曜日)新首相のジョルジア・メローニと前首相のマリオ・ドラギの間で行われる伝統的な引継ぎの式典 でベルを渡すセレモニーがキージ宮殿で開催された後、ジョルジャ・メローニは公式にイタリア共和国初の女性首相となった。
数時間後には、さまざまな世界の指導者から祝辞を受け取った。

イスラエルのヤイル・ラピッド首相は、「ジョージア・メローニがイタリアに新政府を樹立したことを祝福します。イスラエルとイタリアの関係を強化するために、そして、国際機関を含む国際分野だけでなく、反ユダヤ主義、ヨーロッパ、中東との戦いに関するすべてにおいて、我々はイタリアに協力できることを楽しみにしています。」と、祝辞メッセージを送った。
また、ラピッド首相は、"イスラエル国の強力な長年の友人"と定義しているアントニオ・タジャーニ外相にも祝意を表したいと述べている。


まずは、強烈な右派の上院議会の新議長と下院議会の新議長、この2人を紹介しよう。

48922.JPG
クイリナーレ宮殿、2022年10月13日、マッタレッラ大統領がイグナツィオ・ラ・ルーサ上院議長を歓迎した。Author:Presidenza della Repubblica
48935.JPG
クイリナーレ宮殿、2022年10月14日、マッタレッラ大統領がロレンツォ・フォンタナ下院議長を歓迎した。Author:Presidenza della Repubblica


⭕️イグナツィオ・ラ・ルッサ(イタリアの同胞)が、上院議員が新しい上院議長に

イグナツィオ・ベニート・マリア・ラ・ルッサ氏は1947年カターニアのパテルノ生まれ、シチリアの刑事弁護士であり、50年の歴史を持つイタリアの右翼の顔として有名だ。

イタリアの同胞の共同創設者でもある。2018年以来、彼は上院副議長を務めている。
パテルノのファシスト党の書記である、イタリア社会運動の上院議員であるアントニーノ・ラ・ルッサの息子である。
家族構成は妻と、ジェロニモ、ロレンツォ・コチス、レオナルド・アパッチの 3 人の子供と、アグネーゼとアニタという2人の孫娘がいる。
彼はインテルの大ファンであり、サイエンス フィクションの本と愛犬家である。

ドイツ語圏のスイスにあるザンクトガレンの大学を卒業した後、パヴィアで法律学部を卒業し、刑事を専門とする弁護士になった。

1971年、イタリア社会運動の青年部である青年戦線の代表責任者に任命された。
1973年、青年戦線の組織長だったとき、ミラノで一部の支持者が勝手にデモ運動を開始した際、警察機動隊ともめ、警官の一人が命を落とした。
ラ・ルッサはデモを先導した犯罪者として逮捕された。
1985年、ロンバルディア州の地方評議員に選出され、1994年に副議員に選出された。
1994年以降、議会の副会長に就任している。
彼は、フィウジでの転換点の後、ジャンフランコ・フィーニによって構成された新組織で、国民同盟に参加し、副議長、国内コーディネーター、および副副大統領の役割も果たした。

2008年にベルルスコーニ第3次政権で国防大臣を務め、2010年には、国内の運動である「ラ・ノストラ・ライト」を設立した。

2012年、ベルルスコーニ第3次政権の国防大臣だったラ・ルッサは、ジョルジャ・メローニ議員と共に離脱して自派閥の「イタリアの同胞」を設立。

新党と共に2013年の総選挙で下院議員になり、2018年の政治選挙で上院議員に選出され、今年9月25日に行われた総選挙で上院議員に当選し、上院議長に任命された。

刑事弁護士としてのキャリアの中で、彼は、左翼グループから攻撃を受け、1か月半以上後に亡くなった19歳のミラノの学生の殺害の裁判で、民事当事者を弁護した。
1975年、ミラノの過激派・左派は、彼が学校の「教室に十字架を飾るか飾らないか」をめぐる戦いや「同性愛者の養子縁組に反対」したことで、標的にされた。
数年前、ファシズムの指導者であるベニート・ムッソリーニの胸像のコレクションを自宅で撮影したビデオを公開している。




「イタリアの同胞」のイグナツィオ・ラ・ルッサ上院議員が1968年のメモリアルコレクションを披露している - アントーニオ・カスタルド/ 動画出典元 Corriere TV

選挙運動中、イグナツィオの兄弟でロンバルディアの評議員であるロマーノ・ラ・ルッサの事件も爆発し、兄弟の葬式の際にローマ式敬礼(ファシスト式敬礼)をして参列し、大きな物議を醸した。

法と右翼の指数アルベルト・スタビリーニ氏は、このファシスト式敬礼をした違法行為について、「正当な理由などなく、それは重大な間違いだ」と、テレロンバルディアに語った。
イタリアの同胞の党首メローニは、電話で彼女の声を聞いていなかった、と私たちはお互いに手紙を書いた. 彼女も私と同じように唖然としています。
私はその話と誇張の両方と、その挨拶を求めた故人に挨拶が扱われる絶対に異常な方法の両方に腹を立てています.
選択:義兄と弟の言う通りにするか、半敬礼をする」。いずれにせよ、民主党が署名した地方評議員の任命の取り消しを求める非難の動議は却下され、ロマーノ・ラ・ルッサはロンバルディア州の治安評議員にとどまった。

*右翼過激主義とファシズムへの批判
ラ・ルッサの強い右翼の性質は、ネオ・ファシスト運動に近いと激しい批判を受けてきた。そして、彼は、何年にもわたって何度も「私は反ファシストではない」と宣言し、暴露してきた。
ローマ式敬礼から、反ファシストに対する宣言に至るまで、ラ・ルッサは常に非常に明確であった。

La7 の番組の中で、ラ・ルッサ自身が「私は反ファシストではない」と宣言している。


ベニート・ムッソリーニの孫娘、レイチェル・ロマーノ・ムッソリーニやひ孫のカイオ・ジュリオ・チェーザレ・ムッソリーニも「イタリアの同胞」の党員である。



⭕️下院議長はロレンツォ・フォンターナ(同盟)

右派多数派の支持を得て、222票(定足数は197票)を得て、下院議会の新しい議長に就任したのは、ロレンツォ・フォンターナ氏。
ヴェローナ出身の42歳、元家族大臣であり、伝統主義者でユーロ懐疑的、右翼の過激派でカトリック原理主義者、保守的なサークルに近く、福祉・障がい者支援系ボランティアはライフワークの一部でもある。
パドヴァで政治学科を卒業し、ローマのヨーロッパ大学で歴史と哲学を専攻した後、2002年に連邦副コーディネーターとして北部同盟に入党したのが16歳の時である。
そこから政治家としてのキャリアを開始した。
90年代の終わりに、ラジオ・パダーニアのサークルで、マッテオ・サルヴィーニと出会い、今でもサルビーニに一番近いの側近中の側近で、当時のノーザンリーグ(北部同盟)の主要な指導者の1人であった。
サルヴィーニは、移民や亡命希望者に対して強硬な姿勢を示し、リーダーシップがしばしば強い抵抗に遭った地域である北東部に従事していた。

22歳のときに、ヴェローナ市の市議会議員に当選し、ヴェローナ第3区の評議員になった。2008年に選挙に出馬したが落選。
2012年にはストラスブールの北部同盟(Lega Nord) の代表団長になった。
2009年、29歳で欧州議会議員に選出され、2014 年に再選され、2017年にはヴェローナ市にも再選され、副市長および評議員の役割を果たした。
仏マリーヌ・ル・ペン率いるフランス戦線国民党とともに ENF グループ (諸国民と自由の欧州連合) に参加した後も、彼はその地位を保持してきた。

今年の最後の総選挙では、ベネト小選挙2区 (ヴェローナ) で 53.60%の得票率で副議員に再選された。

2016年からリーグの副書記を務め、長い間国会議員を務めてきた。
2018年から2019年の間、彼は家族障害大臣を務め、その後、ジュゼッペ・コンテ第一次政権では、短期間だけ欧州問題に携わった。
その間、彼は中絶や安楽死などの問題に関する超保守的な立場で、全国的に知られるようになった。

*伝統的なカトリック
超保守的で伝統主義、中絶反対、ジェンダー理論、同性愛者同士の結婚反対、そしてヨーロッパのキリスト教のルーツを擁護することに反対、彼は常に、政治活動の最前線にカトリック信仰を置いてきた。

*ヴェローナ会議
昨年3月にヴェローナで開催された家族会議で同性愛の養子縁組や代替受精慣行とは対照的に、フォンターナは、出生率に対するインセンティブやボーナスを通じて、女性が中絶しないように支援する国家の必要性を繰り返している。
たとえば、彼はロシアの「アイデンティティのモデル」を好意的に見ていると宣言し、ウクライナ侵攻に先立つ声明を「狂気」として非難したが、対ロシア制裁についてはサルヴィーニ自身のように困惑した立場と同様である。
制裁下にあるロシアのオリガルヒであるコンスタンチン・マロフェーエフによって設立された財団で働いていたアレクセイ・コモフは、彼が率いる省の後援を受けて、2019年にヴェローナで開催された世界家族会議に主賓として参加している。
「ロシアに対する制裁を見直す必要があると言うのは、親ロシア派であることを意味するのではなく、親イタリア人であることを意味する」と彼は、ロシアに制裁を加えたつもりが、ブーメランで自国の首を締めることになるとの自論を主張している。

*マンチーノ法
2018年、フォンターナは人種差別を罰するマンチーノ法を廃止するよう求めた。

家族大臣に任命された後のアヴニエールとのインタビューで、
「私は、子どもたちは常に家族の中心にいて、第一に考えられなければならないと思っている。子どもたちの利益のために可能な限りのことをする。意識と責任を持った母親と父親を持つことが不可欠です。」と説明し、「同性愛者の家族」に対し嫌悪感を示し、出生率との闘いに最大限の関与を約束しつつ、その後あまりフォローアップをしてこなかったという経緯がある。

Profile

著者プロフィール
ヴィズマーラ恵子

イタリア・ミラノ郊外在住。イタリア抹茶ストアと日本茶舗を経営・代表取締役社長。和⇄伊語逐次通訳・翻訳・コーディネータガイド。福岡県出身。中学校美術科教師を経て2000年に渡伊。フィレンツェ留学後ミラノに移住。イタリアの最新ニュースを斜め読みし、在住邦人の目線で現地から生の声を綴る。
Twitter:@vismoglie

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ