コラム

戦場を生き延びた兵士は、なぜアメリカで壊れるのか?

2016年08月31日(水)10時40分
戦場を生き延びた兵士は、なぜアメリカで壊れるのか?

Chris Keane-REUTERS

<アフガニスタンやイラクの戦場から帰還したアメリカ兵が精神を病むケースが後を絶たない。戦場で戦友と共有した「仲間意識」を帰国後は持てなくなるから、という分析もある。しかし連帯感を感じられるコミュニティは戦場だけではないはずだ>(写真はアフガニスタンから帰還して家族との再会を喜ぶ米兵)

 2001年の同時多発テロ以来、アメリカは15年もの間「戦時中」の状態にある。アメリカ本土での戦闘がなく、徴兵制度もないために、一般のアメリカ人はふだんそれを忘れがちだ。

 軍人たちは、戦地で残酷な死を目撃し、友を失い、ときには人を殺さざるを得ない状況に追い込まれる。その過酷な戦場を生き延び、幸運に任期を終えた軍人は、なぜか、平和な母国に戻ってから精神的に壊れる。多くの退役軍人が、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の診断を受け、障がい者扶助や治療を受けるが、それでもうつによる自殺者は後を絶たない。

Tribe: On Homecoming and Belonging』の著者セバスチャン・ユンガーは、アフガニスタンで北部同盟と行動をともにしたり、陸軍部隊に同行してドキュメンタリー映画を作ったりしてきたノンフィクション作家だ。退役軍人とも親しく交友を続けている。

 戦地で恐ろしい体験をした退役軍人が平和な母国に戻ってから苦しむ現象をユンガーは次のように説明する。

【参考記事】米軍がアフガン駐留を続けざるを得ない事情

 生死をかけて闘わねばならない戦地では、部隊は仲間として強く団結する。「兵士は自分の部隊のなかで互いの人種、宗教、政党などの違いをまったく気にかけない」。ところが、戻ってくると、祖国アメリカは、収入格差、教育格差、人種、宗教で分断されている。そして人々は、平和な国で暮らしているのに、富裕層や政府、移民、そして大統領に対してまで激しい憎しみを公言する。

 そんな祖国に戻った退役軍人は、「国のために喜んで命を捧げる覚悟があったのに、国のためにどう生きれば良いのかわからなくなってしまう」のだ。それが彼らの「絶望感」に繋がっているとユンガーは言う。

【参考記事】帰還後に自殺する若き米兵の叫び

 退役軍人に必要なのは、仲間意識で繋がる「コミュニティ」だとユンガーは考えている。自分よりも弱い者、恵まれていない者を助けることができる誇り、勇敢さ、忠誠心、それらが人の心を根底から支えている。平和な国に戻った軍人が恐ろしい戦地を恋しがるのは、この仲間意識であり、「部族(tribe)」の感覚だ。

 コミュニティ意識が必要なのは、退役軍人だけではない。現代アメリカが抱える問題の数々は、コミュニティ意識の喪失に関連しているというのがユンガーの説だ。

 サブプライムローンを背景にした2008年の金融危機ではアメリカで900万人が失業し、500万の家族が自宅を失った。失業と自殺率には大きな関連があることで知られ、医学雑誌ランセットによると、この影響で増えた自殺数は推定5000人だという。世界恐慌を阻止する策として金融機関への公的資金注入が行われたが、金融危機に直接関係がある金融機関の上層部は、国民にこれほど多くの迷惑をかけながらも、誰も罪に問われていない。ユンガーは、「地面にゴミを平気で捨てる人は自分がその場を共有するひとりだという自覚がない」と例えるが、徹底的な利己主義になれるのは、社会を構成する他のメンバーとの精神的なコネクションがないからだ。これも「コミュニティ意識の喪失」だろう。

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 6

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 7

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!