コラム

秘密裏だったイギリスのサイバー諜報活動が、オープンに強化される

2015年11月25日(水)16時30分
秘密裏だったイギリスのサイバー諜報活動が、オープンに強化される

英国のオズボーン財務相は11月17日、英政府通信本部(GCHQ)で演説し、サイバーテロ対策を強化すると表明した。 Ben Birchall-REUTERS

 英国ではこれまで大きなサイバー攻撃事例が知られていなかった。米国では、小売りチェーンのターゲット、大手金融のJPモルガン・チェース、映画のソニー・ピクチャーズ・エンターテインメントなど、いくらでも事例を挙げることができるが、英国ではそうした事例は出ていなかった。

 英国に対してサイバー攻撃が全く行われていなかったわけではない。むしろ、攻撃者にとっては米国と並ぶ最優先ターゲットだといって良く、実際には無数の攻撃が行われているようである。

 米国は、嫌がる被害者たちを説得して被害を公表させ、その攻撃者たちを特定して名指しし、さらし者にすることで攻撃者たちを抑制しようとしてきた。

 それに対し英国は、被害を公表せず、官民および業界内で情報共有を徹底する一方で、マスコミには公表しないアプローチをとってきた。国の規模が小さく、首都ロンドンに政治経済機能が集中する英国では、そのほうが迅速かつ効果的に対処ができるのだろう。

2012年ロンドン・オリンピック

 これまで英国について取り上げられる際には、たいてい2012年のロンドン・オリンピックの事例が言及されてきた。ロンドン・オリンピックでは、数え方にもよるが、2億件のサイバー攻撃があったとされている。

 想定される攻撃には、ウェブ・サイトに大量のアクセスを集中させて機能を奪うDDoS(分散型サービス拒否)攻撃の他、電気、水道などのシャットダウン、計時・掲示システムの障害、あるいは不正入場チケットの頒布などがあった。

 さらには、スタジアムの観客がいっせいに撮影した写真を携帯電話でメール送信することで回線がパンクするのではとも懸念された。

 ここでも英国はオリンピック委員会と官民が連携し、攻撃を乗り切った。DDoS攻撃対策としてはサーバーを分散させ、不審な通信を監視し、回線パンク対策として会場周辺の回線増強を行った。システムを担ったBT(ブリティッシュ・テレコム)にも良い経験となり、英国政府とBTは2020年の東京オリンピックのためのアドバイスを日本にしてくれている。

プロフィール

土屋大洋

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。国際大学グローバル・コミュニティセンター主任研究員などを経て2011年より現職。主な著書に『サイバーテロ 日米vs.中国』(文春新書、2012年)、『サイバーセキュリティと国際政治』(千倉書房、2015年)、『暴露の世紀 国家を揺るがすサイバーテロリズム』(角川新書、2016年)などがある。

ニュース速報

ビジネス

中計売上高1兆円は前倒しで進捗=高橋ドンキホーテH

ビジネス

日立子会社の英原発建設計画、欧州委が環境面で「肯定

ワールド

オランダで音楽フェス終了後の会場に車が突っ込む 1

ワールド

ロンドン市など、ガソリン・ディーゼル車の販売禁止前

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも影響が

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 4

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 5

    大阪北部で震度6弱、3人死亡 JR・私鉄が運休、工…

  • 6

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 7

    イスラエルとイラン、戦争で勝つのはどっちだ

  • 8

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 9

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 10

    手術されるインターセックスの子供たち トップモデ…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人生初のセックスは「上手くいった」!

  • 4

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 5

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 6

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 7

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 8

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 9

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 10

    「寄付してくれたら結婚します」 白血病の妹を助け…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 8

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!