注目のキーワード

コラム

茶道を始めて知った日本人の意外なしたたかさ

2022年06月01日(水)12時10分
周 来友(しゅう・らいゆう)
茶道

AFLO

<日本独自の文化に憧れ、ついに茶道のお稽古に通い始めた。その歴史を知ると、真面目でナイーブな印象の強い日本人の違った側面が見えてきた>

こう見えて、私は日本好きの日本びいきだ。あと2年で還暦を迎えるという年齢になり、日本文化を深く知りたいという気持ちも一層強まってきた。

もちろん中国にも歴史のある文化がたくさんあるが、「わびさび」といった日本独自の文化に憧れるのだ。

とりわけ興味があったのが、茶道である。仕事に追われ、なかなか余裕がなかったが、ついにこの春からお稽古に通い始めた。

そのおかげで日本人の意外な一面も知ることになったのだが、その前にまず、昨年11月に東京タワーの近くの増上寺で開かれた展示会の話をしたい。年に数回行われる、京都の業者が茶道具などを展示即売する催しだ。

興味半分で行ったのだが、偶然にもある掛け軸が私の目に飛び込んできた。「無一物」と書かれたそれは、江戸後期の臨済宗の僧、松月老人(宙宝宗宇ともいう)の作。

これこそ「わびさび」じゃないか、と衝撃が走った。お値段は......結構な金額だ。

財布の中の現金は数万円足りなかったが、どうしても欲しい。全部渡すから売ってくれないかと頼むと、外国人がそこまでほれ込んでくれたのかと、承諾してくれた。

まさに「無一物」ならぬ無一文となって手に入れたその掛け軸は今、大切に飾ってある。

日本文化に対する私の本気度をこれで分かっていただけるだろうか。

茶道は現在、毎週日曜日、田園調布まで通って芦田宗春という表千家の先生に習っている。まだ40代と若い男性の先生で、ある日本人陶芸家が紹介してくれた。

私は初心者なので基礎から習っているところだが、茶道は奥が深く、1年や2年でマスターできるものではないらしい。平日の教室には年配の男性もいると聞くが、私の「クラスメイト」は全て日本人女性で、中には12年続けている人もいる。外国人の生徒は珍しいと、先生にはたいそう喜んでもらえた。

茶道を形作ったのは安土桃山時代の茶人、千利休。日本人なら誰もが知っているだろう。利休は豊臣秀吉に重用されたが、最後には秀吉の怒りを買って切腹した。パトロンは必要でも、政治に近づきすぎれば身を滅ぼす、という好例だ。

茶道にはいくつか流派があり、代表的なのは、私が習っている表千家と、裏千家、武者小路千家の3つ。先生から聞いたのだが、利休の死後、流派が分かれた理由には「生存戦略」の側面もあったという。流派が複数あれば、1つがつぶされても茶道そのものは絶えずに済むと考えたのだ。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米司法省、イラン革命防衛隊員を訴追 ボルトン氏暗殺

ビジネス

ディズニー4─6月期、動画配信加入者2.21億人 

ワールド

トランプ氏、証言拒否 一族経営企業巡るNY司法長官

ワールド

北朝鮮の金氏、新型コロナとの戦いで勝利宣言 抑制措

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

  • 6

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 7

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 8

    他の動物のミルクを飲むヒトの特殊性と、大人が牛乳…

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 9

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 10

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中