最新記事

シリーズ日本再発見

2次元と3次元、伝統と革新、東洋と西洋──「中間」を行く日本

Japan’s new digital age brings together the old and the new

2018年02月28日(水)19時40分
エスペランザ・ミヤケ(英マンチェスター・メトロポリタン大学講師)
2次元と3次元、伝統と革新、東洋と西洋──「中間」を行く日本

デジタル技術を駆使する日本の「チームラボ」は国外でも人気(2017年、台北) Tyrone Siu-REUTERS

<日本は2つの領域の狭間に存在する国――。英大学研究者が見た、デジタル時代の日本が行く道>

2つの領域の狭間に存在する国――それがしばしば、日本に魅了された人々が抱く日本のイメージだ。

神社仏閣や茶道、墨絵のように美しい桜の花など、伝統ある「古き世界」がある一方で、新幹線や人工知能(AI)を備えた犬型ロボット、クールなゲーム機に代表される、未来主義的な「新しい世界」が輝かしく存在する。

これらを混ぜ合わせ、欧米の人々にとって中毒性のある楽しい調合に仕上げたのが、日本のポップカルチャーだ。漫画やアニメ、ポケモンGOのようなゲーム、映画、さらにはスナック菓子もこれに含まれる(抹茶味のキットカットなんてどうだろう?)。

古代から存在する富士山をバックに立つ巨大ロボットであろうと、あるいは絹の着物をまとい、キラキラと輝くJポップのスターであろうと、日本のポップカルチャーは革新性の中に伝統をパッケージし直し、ひと口で食べられるようにした電子的な寿司のようだ。われわれは日本をむさぼるように消費している(時には罪悪感と共に、時には罪悪感なしに)。

だが、「かわいい(Kawaii)」や忍者、神秘的な味覚である「うまみ(Umami)」以上のこととなると、われわれはどれだけ現代の日本について知っているだろうか。

2次元と3次元、両方の世界に住む

「中間(in-between)」(例えば新と旧、東洋と西洋、甘味と塩味のバランス)を旨とする日本のスタイルを引き継ぐかのように、2次元と3次元の間に存在するデジタルなアート形式の1つが2.5次元ミュージカルだ。

2次元世界の漫画やアニメ、ビデオゲームを、デジタル技術や通信プラットフォームなどを使って3次元の舞台上で再現するこのアートは、当初は一部のファンたちによる現象に過ぎなかった。この10年で有名になり、1つの産業となった。

2.5次元ミュージカルでは、SNSやスマートフォン、字幕メガネ(個々のユーザーの目の前に字幕を投影するメガネ)などの技術を活用し、舞台という枠を超えて一体感や交流を促すことで、観客の体験を豊かなものにしている。

文楽から歌舞伎まで、長い古典芸能の歴史を持つ国で誕生した2.5次元ミュージカルは、デジタルを通じて新旧を1つにした全く新しい体験を作り出す、日本の多彩なクリエイティブ産業の好例だ。

こうしたデジタル現象は、拡張現実(AR)の世界を生きる必要性が増していることを指し示している。製品やサービスはユーザーに対して絶え間なく、デジタル技術を通じて現実をよりリアルにするよう勧めている。

自分自身をデジタル化することは今や珍しくない(Fitbitのスマートウォッチで自分のアクティビティデータを生成し続けるように)し、われわれの人生は、パーソナライズされた小型の2.5次元ステージのようなものだ。

ユーザーが自身の「中間(in-between)」現実をつくる助けになるのが、例えば360度全てを撮影できるカメラ「RICOH THETA」だ。昨年、3Dモデルの「初音ミク」を合成できる限定モデルが発売。ユーザーは自分が選んだ環境で、人気のバーチャルシンガーと並んで「存在」できるようになる。

「中間(in-between)」の国・日本

日本の安倍政権は今、2020年の東京オリンピック開催までにロボット産業を成長戦略の1つの柱にするべく多くのリソースを投じている。

東京五輪はまさに、日本のソフトパワーを押し上げ、日本の国際的地位を強固にするためのインセンティブとなっているのだ(2016年のリオデジャネイロ五輪の閉会式で「スーパーマリオ」に扮した安倍首相を忘れられるだろうか?)。ここでもまた、デジタルの力に期待がかかっている。

日本のメガバンクや地方銀行が手を組んで、新たな仮想通貨「Jコイン」(仮称)の創設を発表したこともある。あるいは東京五輪スポンサーであるトヨタは、五輪期間中に競技場近くで使用できるよう、自動運転の電気自動車(EV)開発に取り組んでいる。日本政府はまた、五輪開催を機にデジタルインフラを整備しようとしている。

一方、これだけ「ハイテク」が強調されるこの国で、UberやAirBnBといった大手デジタルプラットフォームが成功を収められていないことは興味深い。その理由には法的、社会的、文化的なものがあるだろう。

このことは多くの点で、欧米人だけでなく、日本人自身も抱いている「中間(in-between)」の国というイメージを維持するうえで、日本が直面しているプレッシャーを浮き彫りにする。日本は矛盾した緊張感に包まれたまま、「新しい」と「古い」を同時に実現できるだろうか。

日本はおそらく、ある種のデジタル革命の最前線にいる。しかし、日本のこのイノベーションが世界に広がったとしても、固有の特徴を帯びているに違いない。それは、日本という国をこれほどまでにユニークにしている特徴なのだ。

(翻訳:ガリレオ)

The Conversation

Esperanza Miyake, Lecturer - Department of Languages, Information and Communications, Manchester Metropolitan University

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.

japan_banner500-season2.jpg

【お知らせ】
ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮情勢から英国ロイヤルファミリーの話題まで
世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 4

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 5

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 8

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 9

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 9

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!