最新記事

英会話

「受験英語だから英語が話せない」は大間違い 中学英語をしっかりモノにすれば必ず話せる

2022年6月29日(水)11時09分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

慣れてくると、英語を語順どおりに頭から理解し、誰が(主語)どうした(動詞)を瞬時につかみ、集中力や瞬発力を鍛えるいい訓練になる。意識するポイントを押さえて、次のように段階的に練習すると効果的だ。

1. 発音やアクセント、リズム、速さ、イントネーション、音のつながりなど「音声」だけを意識する。

2. 音源が伝える「内容」に集中し、英語の語順ですっと頭に入るまで練習する。

3. 英語の「言い回し」を、自分で実際に使えるように意識する。自分の声を録音し、違う点を分析し、そっくりまねできるまで繰り返す。

シャドーイングは、初級レベルでは難しいという人もいる。でも、要は教材選びとやり方だ。最初はスピードが遅く、内容がほぼわかるものを選ぶ。それこそ、今の音声付きの中学英語の教科書がいい教材になる。

はじめは、英文を見ながらまねする、少しずつ区切ってやるなど、自分に合った方法をみつけることだ。慣れてきたら、ほぼ理解できるものに挑戦し、途中でつまずいても、立ち止まらずに最後まで続ける。

Repeat after me. 私のあとに繰り返して。

英語の授業で、このリピーティングを練習した人は多いはずだ。音源を最後まで聴いて、そのとおりに発声する。聴くことだけを考えれば、このほうがより集中できる。シャドーイングは、最後まで待たずに音源を流し続けながら、自分で発声練習できるので、時間の節約になる。限れらた時間で効率よく学ぶために、大事なことだ。気が短い私は今でもよく実践している。

音声と同時に同じ言葉を重ねて発声していく、オーバーラッピングという方法もある。これは、せっかくの音源が自分の声でかき消されるので、私はあまり好まない。

シャドーイングがきちんとできれば、多くのことを一度にマスターできる。

やり方次第で、シャドーイングは英語を学ぶ最高の方法になる。
Shadowing can be the best way to learn English if you know how.

しばらく英語を話していない時など、シャドーイングでウォーミングアップする。アナウンサーや講演が上手な人のまねをしてみるなど、日本語でも大いに利用できる。

<記事の続き>
連載第2回:寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた
連載第3回:世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米セントルイス連銀新総裁、利下げに慎重 「インフレ

ビジネス

FRB、年内利下げ開始適切 インフレ低下の兆し=ク

ビジネス

米鉱工業生産、5月製造業は0.9%上昇 予想上回る

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中