最新記事

新型コロナウイルス

米大学再開をぶち壊す学生たち、乱痴気騒ぎでクラスターも発生

Back To School But At What Price?

2020年8月18日(火)17時40分
ドーン・ゲスク

テキサス工科大学の学生寮に戻ってきた学生たち(8月14日) Brad Brooks-REUTERS

<「若くて健康な」学生たちがキャンパスに戻ったら、行動変容はやはり絵に描いた餅だった>

新型コロナウイルスの感染拡大で休校していたアメリカ各地の大学が、授業を再開し始めている。しかし、感染拡大はまだ続いているというのに、多くの学生は感染予防に協力せず、パーティーを開いて乱痴気騒ぎを続け、マスクも着用しようとしない。たちまち、キャンパス内で複数のクラスター感染が起こった大学もあり、大学は頭を痛めている(8月に学校再開せよ、というのは、経済を再活性化したいドナルド・トランプ大統領の強い要請だった)。

ジョージア州ダロネガにあるノースジョージア大学では8月15日、キャンパスの外にある集合住宅で開かれた大規模なパーティーに学生が参加。マスクを着けずに踊ったり飲んだりしている様子が動画にとらえられた。

同大学のコミュニケーション責任者シルヴィア・カーソンはCNNへのメールでこう述べた。「当校の多くの学生が、新型コロナウイルス感染症の予防ガイドラインを無視し、ソーシャル・ディスタンスもマスクもなしに大勢で集まっていたことに失望した」

ジョージア州ではマスク着用は義務ではないが、ノースジョージア大学は独自に、大学の建物ではマスクを着用するよう求めてきた。それも無駄だったようだ。ジョンズ・ホプキンズ大学によると、ジョージア州の感染者は約23万7030人、死者は4702人に達している。

「なぜだ?」市長の嘆き

アラバマ州タスカルーサのウォルター・マドックス市長は、アラバマ大学の学生たちがマスクを着けずに集まっている写真をツイッターに投稿し、こう嘆いた。「なぜだ? 私たちはタスカルーサ市を守ろうと必死になっているのに」

全米各地の大学で授業が再開されるとともに、新型コロナウイルスのクラスターも増加している。

ノースカロライナ大学では同時に複数のクラスターが発生している。大学ウェブサイトによると、直近では男子学生組織シグマ・ニュー・フラタニティで多数の感染者が出たほか、3つの学生寮でもクラスターが確認された。

オクラホマ州立大学でもクラスターが1件発生し、パイ・ベータ・ファイ女子寮に住む学生23人が陽性と確認されたと、地元紙オクラホマンが報じている

オクラホマ州立大学の広報担当モニカ・ロバーツは同紙に対し、「2万人の学生が戻って来れば、キャンパスで感染者が増えるのは当然だ。私たちは5カ月間、こうした事態に備えてきたし、対応するための準備は整っている」と述べた。

同じく学生組織やパーティーでクラスターが発生したカリフフォルニア大学バークレー校公衆衛生学部のアート・ラインゴールドも、これは予期した通りの事態だとAP通信に語った。「若くて健康な学生たちに、行動変容を求めるのは簡単なことではない」

(翻訳:ガリレオ)

<参考記事>コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず
<参考記事>あまりにも悲痛な事態を前に言葉を失うアメリカ社会

【話題の記事】
イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人主義
「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に
巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

20200825issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年8月25日号(8月18日発売)は「コロナストレス 長期化への処方箋」特集。仕事・育児・学習・睡眠......。コロナ禍の長期化で拡大するメンタルヘルス危機。世界と日本の処方箋は? 日本独自のコロナ鬱も取り上げる。

ニュース速報

ワールド

米コロナ感染者、先週は13%増の39.3万人 夏の

ビジネス

物価上昇容認、雇用目標達成を支援=フィラデルフィア

ビジネス

FRBは当面政策維持、経済完全回復に時間=アトラン

ワールド

通商交渉、EU姿勢に変化なければ再開できず=英首席

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 3

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差別表現

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 6

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 7

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 8

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 9

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 10

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月