注目のキーワード

特集コロナ禍の世界

ニューズウィーク日本版『特集コロナ禍の世界』に関する記事一覧

コロナで学ぶ正しいセレブパワーの使い方
セレブ

コロナで学ぶ正しいセレブパワーの使い方

<世界的著名人が(たぶん)善意でやっているはずの行動がときに反感を買うのはなぜ?> アメリカで1カ...

2020.08.12
コロナが迫るサステナブルへの転換「2020年は大変革の始まった年として記憶されるだろう」
環境

コロナが迫るサステナブルへの転換「2020年は大変革の始まった年として記憶されるだろう」

<人類の行動が地球のほぼ全ての種の未来を決定づける段階に入っているが、社会と経済を急停止させた新型コ...

2020.08.07
急拡大中の米政府債務、トランプ政権下でどれだけ増えた?
アメリカ経済

急拡大中の米政府債務、トランプ政権下でどれだけ増えた?

<就任前には「8年間で債務を消し去る」と豪語したが、実際には膨らむ一方> 新型コロナウイルスが招い...

2020.08.06
        
コロナ不況を乗り切るカギ? 韓国で「ベーシックインカム」導入論が盛んに
日韓を読み解く 金 明中(ニッセイ基礎研究所)

コロナ不況を乗り切るカギ? 韓国で「ベーシックインカム」導入論が盛んに

<コロナ後の現金一律給付で地域経済が活性化した経験などから、本格的なベーシックインカムや「負の所得税...

2020.08.06
自由の行き過ぎ? マスクをするのがイヤで店員に催涙スプレー
マスク

自由の行き過ぎ? マスクをするのがイヤで店員に催涙スプレー

<過剰とも思えるアメリカのマスク嫌いは「個人の自由」を懸けた戦い。11月の大統領選に向けてますますエ...

2020.08.05
北京ではなく南へ 台湾・蔡英文が加速させる「新南向政策」の展望
台湾の力量

北京ではなく南へ 台湾・蔡英文が加速させる「新南向政策」の展望

<「中国の一部」という呪縛から逃れて東南アジア、南アジア諸国と共にうまく中国離れを実現できるか──全...

2020.08.05
再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港先市町村にも拡大か
クルーズ船

再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港先市町村にも拡大か

<新型コロナウイルスの集団感染で世界中のクルーズ船が停止した後、いち早く再開したノルウェーのロアール...

2020.08.04
28歳妊婦まで犠牲に... ロックダウン緩和で「フェミサイド」急増の南アフリカ
女性問題

28歳妊婦まで犠牲に... ロックダウン緩和で「フェミサイド」急増の南アフリカ

<犯罪率が飛び切り高い南アフリカで、パンデミックに起因する高失業率と経済格差から家庭内暴力がいっそう...

2020.08.03
スプートニク・ショック再来?ロシアが新型コロナワクチンの接種を10月に開始すると発表
コロナワクチン

スプートニク・ショック再来?ロシアが新型コロナワクチンの接種を10月に開始すると発表

<この話が事実なら、人類初の人工衛星打ち上げでアメリカがロシアに先を越されたスプートニク・ショック以...

2020.08.03
コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず
新型コロナウイルス

コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

<コロナ死者数7500人にのぼるイリノイ州の川で行われる恒例のパーティーには、200隻のボートが集結...

2020.08.03

人気ランキング

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら