最新記事

レイプ事件

巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ

Cruise Ship Passenger Gets Gang Raped, Royal Caribbean 'Aware' Of Sexual Assault Epidemic

2019年7月30日(火)16時15分
カルヤン・クマル

集団レイプ事件が起きたクルーズ船「オアシス・オブ・ザ・シーズ」 Marina113/iStock.p

<複数男性に泥酔させられレイプされた15歳の少女を保護しなかったとしてクルーズ最大手「ロイヤル・カリビアン」が注意義務違反とされたが、船内での性的暴行は珍しいことではない>

フロリダ州マイアミを拠点とするクルーズ最大手の「ロイヤル・カリビアン」は、2015年に同社のクルーズ船で発生した少女に対する集団レイプ事件をめぐる控訴審で、逆転敗訴した。

フロリダの第11巡回区連邦控訴裁判所は7月24日、ロイヤル・カリビアン側に落ち度はなかったとする一審判決を覆す判決を下したのだ。

控訴裁判所は、船内で起きた性的暴行を知らなかったと白を切り通したロイヤル・カリビアンを非難。10代の被害者を適切に保護しなかったのは注意義務違反だと断じた。

ロイヤル・カリビアンのクルーズ船内では、このケース以外にも性的暴行が横行していた。それを知りながら、女性客への注意喚起など安全確保の措置を何も講じていなかったのだ。

<参考記事>放尿にレイプ!? エスカレートするフライト中の暴行事件

未成年の被害女性が「アルコールを大量に飲まされ、暴行を受ける」ことになったのは、ロイヤル・カリビアンのそうした怠慢のせいだ、とした。

乗組員は見て見ぬふり

控訴裁判所は、訴訟の回復を指示したあと、文書で次のように述べている。

「原告の申し立てには十分な根拠がある。(被害女性)K.T.が動けなくなるほど大量のアルコールを男たちに飲まされ、客室へ連れて行かれるのを、ロイヤル・カリビアンの乗員は助けようともせず放置した」

<参考記事>介護施設で寝たきりの女性を妊娠させた看護師の男を逮捕

被害女性K.T.は、15歳だった2015年12月26日に、クルーズ船「オアシス・オブ・ザ・シーズ」に乗船。姉妹2人ならびに祖父母とともに7日間のクルーズに出発した。

K.T.によれば、彼女が船内のバーに座っていると、男性に取り囲まれてアルコールを勧められた。「ひどく酔い、明らかに泥酔し、混乱して足元がふらついた」。そして、「動けなくなった」という。

その後、男たちは彼女を客室へと連れ込み、そこで「容赦なく襲いかかり、集団で性的暴行を加えた」。

K.T.は2016年、ロイヤル・カリビアンを訴えた。

一審のK・マイケル・ムーア裁判官は2017年8月、K.T.の訴えを退けた。そして、乗務員たちは彼女がアルコールを飲まされている様子を目撃したものの、それが性的暴行へとつながることは「予見できなかった」とするロイヤル・カリビアン側の主張を受け入れた。

K.T.は、一審判決を受けて控訴した。

訴状の中でK.T.は、自分が男性に取り囲まれ飲酒を強要されている場面を、複数の乗務員が見ていたと主張。「未成年がアルコールを飲まされていた」ことを、認識していたはずだと述べた。

あまり表に出ないが、クルーズ船でのレイプ被害は珍しいことではない。2016年~2019年4月までの間にアメリカ運輸省に報告されたデータによると、クルーズ船内で発生した性的暴行事件は220件に上っている。

(翻訳:ガリレオ)

20190806issue_cover200.jpg
※8月6日号(7月30日発売)は、「ハードブレグジット:衝撃に備えよ」特集。ボリス・ジョンソンとは何者か。奇行と暴言と変な髪型で有名なこの英新首相は、どれだけ危険なのか。合意なきEU離脱の不確実性とリスク。日本企業には好機になるかもしれない。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月