最新記事

空の旅

放尿にレイプ!? エスカレートするフライト中の暴行事件

Man Urinates On Another Passenger During Flight

2018年8月21日(火)15時30分
ジェイカブ・ルワンドウスキ

機内は意外と危険な場所かもしれない ShantiHesse/iStcok.

<もはやマナー違反どころではない。飛行機に乗っていると地上ではありえないような暴挙に出てしまう不思議>

シカゴ・オヘア空港から成田国際空港に向かっていた全日空機の機内で8月17日、他の乗客に尿をかけたとして、男性が逮捕された。

逮捕されたのは、24歳のアメリカ人、デニシュ・キショルチャンドラ・プラーク。英字紙ジャパン・タイムズによると、プラークは機内での出来事を覚えていないと話している。

報道によると、プラークは少なくともシャンペン4杯と日本酒1杯を飲んだあとに、2列後ろの座席に座っていた50歳の日本人男性に向かって放尿した。

警察の発表によると、双方が口論になったわけではなく、日本人男性はプラークと面識がないという。この行為のあと、客室乗務員はプラークを拘束し、成田空港に着陸後、地元警察に引き渡した。

同様の事件はほかにも起きている。2018年1月、ラスベガス発デトロイト行きスピリット航空の機内で、近くの座席で眠っていた女性乗客の陰部に指を入れるというわいせつ行為に及んだ男性が、8月16日に有罪判決を受けた。35歳の被告プラブー・ラマムーシーには終身刑が下される可能性がある。

被害に遭った22歳の女性は、自分のズボンのファスナーが下ろされ、ラマムーシーの手があるのに気づいて目を覚ました。CNNによると、ラマムーシーはそのとき「熟睡中」で、女性に対して自分がそうした行為に及んでいたことを知らなかったと語ったという。

原因はやはりアルコール?

女性側弁護士のマシュー・シュナイダーは有罪判決を受けて声明を発表した。「誰もが安心安全に航空機で移動する権利を持っている。弱い立場にある被害者につけこむ行為を、私たちは許さない。陪審員がこの考え方に同意してくれたことを嬉しく思う。この事件で被害に遭った女性が勇気をもって声を上げてくれたことに感謝したい」

声明によれば、ラマムーシーは労働ビザでアメリカに滞在しているため、刑期を終えたら国外追放になる。

さらに別のケースもある。2018年5月、コロラド州デンバーからサウスカロライナ州チャールストンに向かっていたフロンティア航空の機内で、複数の女性に嫌がらせをしたあとに、前の座席に向かって放尿した男性が、着陸後に逮捕されている。容疑者のマイケル・アレン・ハーグは、強いアルコールを2杯飲んだあとで犯行に及んでいた。

USAトゥデイ紙によると、フロンティア航空は事件後に発表した声明で、「私たちはこの件を認識しており、関係当局と協力しています」と述べている。ハーグは、乗務員への妨害ならびに公然わいせつ罪の罪に問われており、最大で20年の実刑判決を言い渡される可能性がある。

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

香港の抗議デモ続く、外出禁止令発令との憶測も

ビジネス

ドイツ第3四半期GDP速報値、前期比+0.1% 景

ワールド

米中、第1段階の合意巡り踏み込んだ協議している=中

ワールド

欧州委員会、発足さらにずれ込みか 英国が委員の指名

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 2

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 3

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラ…

  • 8

    雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

  • 9

    債券バブルが崩壊したら株式市場はどうなるか

  • 10

    女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

  • 1

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 2

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する…

  • 5

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 6

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 7

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 8

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月