最新記事

新型コロナウイルス

わざとコロナに感染しようとした受刑者たちの狙いと手口

LA Sheriff Says Inmates Infected Themselves With Coronavirus

2020年5月13日(水)16時30分
ジェフリー・マーティン

わざとコロナに感染しようとした受刑者は、どんな手を使ったのか(写真は、消防作業に駆り出されたカリフォルニアの受刑者たち) Lucy Nicholson-REUTERS

<カリフォルニアの刑務所で受刑者の感染が急増し、調べたところ、一部にわざと感染しようとする試みがあったことがわかった>

カリフォルニア州キャスティークにある刑務所「ピッチェス矯正施設」の受刑者が、4月に入り新型コロナウイルスにわざと感染しようと試みていたことがわかった。検査で感染が確認されれば保釈される、と誤解したからだと、ロサンゼルス郡保安局のアレックス・ビラヌエバ保安官は5月11日の記者会見で述べた。

施設内の監視カメラには、受刑者たちが1つのコップでお湯を回し飲みしたり、1枚のマスクをそれぞれの口と鼻に当てて息を吸い込んだりする様子が捉えられていた。さらに受刑者たちは、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の規則に従わず、あえて室内の狭いエリアに集まって座っていた。この件が起きてから約1週間後に、同施設に収容されている受刑者21人が、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定された。

ビラヌエバによれば、受刑者たちがお湯を飲んだのは、施設の看護師が体温を測る前に発熱を装うためだったという。

「受刑者たちの間で、事実無根の噂が信じられていたようだ。感染者が出れば、接触のあった受刑者ごと釈放せざるを得なくなる、というのだ」と、ビラヌエバは述べた。「もちろん、そんなことはあり得ない」

だが感染の試みの後、施設内の感染者数は「顕著に増加した」と、ビラヌエバは言う。「感染対策はうまくいっているのになぜ感染者が急増するのか、理由がまったくわからなかった」

わざと感染しようとするのは、施設内のすべての人の安全を脅かす行為だと、ビラヌエバは批判する。

もっとも、どこも過密状態の全米の刑務所の中には、感染が広がるのを避けるために罪の軽い者から釈放や仮釈放を行なった例もある。ロサンゼルス郡も、暴力犯罪以外で収監されていた受刑者4000人以上を釈放した。それが、誤った噂につながったのかもしれない。

「我々は選択を迫られた」と、ビラヌエバは4月の時点で述べていた。「刑務所を過密状態にしておけば、感染症はあっという間に広がって、多くの命が危険にさらされるところだった」

(翻訳:ガリレオ)

<参考記事>過密状態の米刑務所は新型コロナウイルスの餌食
<参考記事>塀の中の新型コロナウイルス感染実態 米刑務所、次々「釈放」の波紋

20050519issue_cover_150.png
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年5月19日号(5月12日発売)は「リモートワークの理想と現実」特集。快適性・安全性・効率性を高める方法は? 新型コロナで実現した「理想の働き方」はこのまま一気に普及するのか? 在宅勤務「先進国」アメリカからの最新報告。

ニュース速報

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

ワールド

アングル:女性の経済政策リーダー続々、コロナ禍克服

ビジネス

アングル:メキシコ対ブラジル、投資家振り回した大統

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 3

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 4

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 5

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 6

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 7

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 8

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 9

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 10

    障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 6

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 5

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 9

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 10

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月