最新記事

新型コロナウイルス

マスク拒否のホワイトハウスで、コロナ対策を率いるファウチ博士らが自主隔離

Dr. Fauci Quarantined After Exposure To White House Staffers Who Tested Positive For Coronavirus

2020年5月11日(月)16時00分
クリスティーナ・チャオ

トランプを制御してきた科学者たち(手前がファウチ、3人目がCDCのレッドフィールド)が自宅隔離に Jonathan Ernst-REUTERS 

<報道スタッフの感染判明後に自主隔離していた副大統領は公務に復帰したが、ホワイトハウス関係者の感染拡大を心配する声も>

ホワイトハウス内部で新型コロナウイルス感染症が蔓延しているのではないか、という懸念が高まるなか、8日の検査で、マイク・ペンス副大統領の側近に感染が確認された。ペンスは2日の間、ホワイトハウスでの会合を欠席して自主隔離しただけで、11日からはホワイトハウスで公務を再開するという。

コロナウイルスに感染したのはペンスの報道担当者ケイティ・ミラーで、ホワイトハウス内のさまざまなスタッフと接触する立場にあった。デビン・オマリー副大統領報道官は10日、「引き続きホワイトハウス医療チームの助言に従う」と本誌に語った。「さらに、ペンス副大統領は毎日検査を受けており、結果はすべて陰性が続いている」と明かし、11日にはホワイトハウスに出勤する予定であること述べた。

<参考記事>ファウチ博士「もう少し早く動いていればもっと命を救えた」

コロナ対策トップ3が自主隔離

ウイルスの脅威は、ホワイトハウスに助言するアメリカ有数の感染症専門家にも忍び寄っている。米CNNテレビは9日、疾病対策センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長や国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長、食品医薬品局(FDA)のスティーブン・ハーン長官という米政府の新型コロナ対策チームのトップ3人が、2週間の自主隔離に入ることを報じた。ホワイトハウスで、新型コロナウイルスの検査で陽性と診断された人物と接触した可能性があるためだ。その人物が誰かは明らかにされていない。

なかでもファウチは、感染症対策でアメリカ人が最も信頼する科学者だ。会見では、トランプの非科学的なウソをその場で訂正したり、訂正しようとしてトランプに発言を阻止される場面もあった。

現在のところホワイトハウス関係者の感染はミラーを含めて3名となっている。ミラーの感染が確認された前日にあたる7日、トランプの身の回りの世話をするスタッフの陽性が判明した。また3月には、ペンスの別のスタッフの感染が確認されている。

ホワイトハウスではドナルド・トランプ大統領自らが公の場ではマスクをすることを拒否しているため、CNNによれば最近の閣議でも誰もマスクをせず、トランプが軍幹部の隣りに座る場面もあったという。

トランプは記者会見で、ミラーが検査で陽性になったことを認め、「ケーティはすばらしい女性だ」と彼は言った。 「これまでずっと検査を受けてきて陰性だったが、突然、陽性の結果が出た」と語った。

<参考記事>新型コロナのデマ情報を広めるトランプ、それをただす勇者ファウチ(パックン)

ニュース速報

ビジネス

米、新型コロナ死者13万人突破 感染者300万人に

ワールド

インドのコロナ感染者数約70万人、ロシア抜き世界3

ビジネス

FRBの中小企業向け融資はフル稼働、債権買取へ=ボ

ワールド

トランプ氏、中国や製造業などに関する大統領令検討=

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 8

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

  • 10

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月