コラム

新型コロナのデマ情報を広めるトランプ、それをただす勇者ファウチ(パックン)

2020年04月09日(木)17時20分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
新型コロナのデマ情報を広めるトランプ、それをただす勇者ファウチ(パックン)

Fauci to the Rescue / (c)2020 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<一部の州がコロナ対策に出遅れている。それらの州の共通点は、感染者数の少なさではなく、州知事が共和党員で州民にトランプ支持者が多いこと>

アメリカは格差社会になっている。いや、貧富ではなく疾病対策の話。自治体によって、新型コロナウイルス対策の隔たりが大きい。感染拡大を防ぐために学校や会社の閉鎖、イベントの中止、外出規制などの「社会的距離戦略」を早めに導入した州もあれば、それを怠っている州もある。この時間差だけで死者が数千人増える試算もある。

なぜ一部の州が出遅れるのか。ワシントン大学の研究チームがデータから原因を調べた。結果、対策が遅れる州の一番の共通点は、州内の感染者数が少ないことなどではなく、州知事が共和党員で州民にドナルド・トランプ大統領の支持者が多いことだった。 なんでトランプ寄りの人は初動が遅いのか? 理由はトランプ本人の言動にあろう。トランプは「ウイルスは4月までに消える」や「数日で感染者ゼロになる」などと、ずっとコロナウイルスの脅威を過小評価していた。国内の流行が進むなかでも事実無根の夢物語を語り続けた。グーグルがコロナ対策ウェブサイトを作った! マスクは足りるし大量に製造している! 検査キットがあり余っている! 特効薬がある! ワクチンはすぐにできる! いくら食べても太らない! モテ期がくる! SMAPは再結成する!

あっ、少し暴走し過ぎた。失敬。

こんなdisinformation(偽情報)を拡散するトランプと同じ共和党の州知事が仕切り、トランプ支持者の多い州で対策が遅れるのは当たり前。もちろん、トランプが仕切る連邦政府の対策も遅れた。責任者が定まらない。政府発信の情報が矛盾する。方針が二転三転する。防護服や病床、人工呼吸器の確保や配布が滞る。外出制限など全国規模の統一対策がないなど、政権のincompetence(無能さ)やchaos(混乱)が目立つ。

そこで立ち上がったのが、米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長。30年にわたり、いろいろな政権のnormal leadership(正常なリーダーシップ)の下で数々の疾病対策に励んだアメリカ随一の感染症専門家だ。彼は、トランプの広報機関たるフォックス・ニュースに出るときでも、大統領と一緒に記者会見を行うときでも、トランプの偽情報を一つ一つ直し、正しい情報を発信する勇者だ。

偽情報も愚策も命取りになるこの時期に、これこそ国民が求めること。トランプよりトゥルース(事実)! フェイクよりファクト! フォックスよりファウチだ!

【ポイント】
OUR MAIN GOAL IS TO FLATTEN THIS CURVE...
われわれの主な目標はこのカーブを平らにすることだ。

GOD HELP US!
神よ助けたまえ!

<本誌2020年4月14日号掲載>

20200414issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年4月14日号(4月7日発売)は「ルポ五輪延期」特集。IOC、日本政府、東京都の「権謀術数と打算」を追う。PLUS 陸上サニブラウンの本音/デーブ・スペクター五輪斬り/「五輪特需景気」消滅?

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

トルコとギリシャ、対話で解決目指す 地中海エネルギ

ワールド

ベトナムのコロナ感染再燃、今後10日が重大な時期=

ビジネス

豪AMP、特別配当と自社株買いで株主還元へ 部門株

ワールド

豪失業率、7月は22年ぶり高水準 就業者数は増加

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 8

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 9

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!