最新記事

ヘルス

ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

Breast Cancer Linked to Permanent Hair Dye and Chemical Hair Straighteners

2019年12月4日(水)17時00分
ロージー・マッコール

染め方によってもリスクは異なる Jacob Wackerhausen-iStock.

<定期的に髪を染めたり縮毛矯正をしている女性は、乳がんの発症リスクが高くなる。カラー剤などに発がん性物質が含まれているためだ>

ヘアカラー(一度染めたら落ちないもの)で定期的に髪を染めている女性は、乳がんになるリスクが最大60%増すとの研究結果が、学術誌「インターナショナル・ジャーナル・オブ・キャンサー」に掲載された。

4万5000人以上の女性の医学的記録を検証した結果、ヘアカラーの使用歴と乳がんの発症率の間に正の相関関係があることが判明した。この傾向は、特に黒人女性の間で顕著になるという。

この論文は、統計的なパターンや傾向の分析を行ったもので、ヘアカラーが乳がん発症の直接的な原因だと証明するものではない。しかし、広く普及した美容製品に発がん性物質が含まれていることを示唆する研究結果は過去にもあり、今回の研究もそうした研究と一致する。

研究によれば、ヘアカラーで定期的に髪を染めている女性は、女性全体では乳がんを発症するリスクが9%増えるという。黒人女性に限ると、発症リスクは45%増と大きく上昇する。

濃い色ほど高まる発症リスク

女性が使うヘアカラーのタイプによっても、乳がん発症のリスクに変化があった。髪を濃い色に染めるカラー剤の場合は、黒人女性で51%、白人女性で8%のリスク増となる。明るい色に染めるカラー剤では、黒人女性で46%、白人女性で12%のリスク増となった。

人種によってリスクに差が出る理由はわかっていないが、黒人向けと白人向けではカラー剤の成分が異なることに関連するかもしれない。黒人女性向けのカラー剤には、内分泌をかく乱する化学物質がより高いレベルで含まれていることを示す研究もあるという。

化学薬品を使った縮毛矯正と乳がんリスクの間にも、統計的に有意な相関関係があることが明らかになった。だが研究チームは、この結果については他の研究による検証が必要な点を強調している(いくつかの研究は、縮毛矯正剤には乳がんを引き起こすリスクはないと結論している)。

縮毛矯正で乳がんを発症するリスクは女性のあらゆる層で上昇した。人種を問わず、縮毛矯正剤を5~8週間に1回以上用いる女性では、乳がんのリスクが30%増加したのだ。

研究チームの一員で、米国立環境衛生科学研究所(NIEHS)で疫学部門のトップを務めるデイル・サンドラー博士は、カラー剤や縮毛矯正剤を利用する女性に対し、人々は日常的に他にも多くの発がん性物質に接している点を指摘して、注意を促した。

一方、ロンドン大学がん研究所(ICR)で疫学を研究する上級研究員マイケル・ジョーンズは、この件に関して正式な勧告を出すには時期尚早だと釘を刺す。

<参考記事>「若ハゲ」と「若白髪」の心臓病リスクは5倍以上
<参考記事>イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ガルーダ・インドネシアの債務再編計画、裁判所承認

ビジネス

東芝あす株主総会、取締役選任案 アクティビスト幹部

ワールド

G7、インフラ投資の新枠組み 官民6000億ドル規

ビジネス

4月改定景気動向指数、一致指数は前月比横ばい=内閣

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月