注目のキーワード

最新記事

サイエンス

セックス中の男女をMRIでスキャンした、クリスマスの特別な論文

Why Scientists Asked People to Have Sex in an MRI Machine 20 Years Ago

2019年12月23日(月)19時10分
カシュミラ・ガンダー

狭いMRIの中に2人で入るには、比較的小さな人が望ましかった dima_sidelnikov-iStock.

<権威ある医学誌BMIで記録的ダウンロード数を誇る論文は月着陸ほどの偉業ではなかったかもしれないが、20年前の純粋な探求心にあふれていた>

20年前、オランダのある研究チームがちょっと怪しげなタイトルの論文を発表した。「性行時、そして女性の性的興奮時における男女の性器の磁気共鳴映像(MRI)」----。これはMRI装置の中でのセックスに関する初の記録であるとともに、世界トップクラスの歴史と権威をもつ医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルBMIのあまたの論文の中で最もダウンロード数が多い論文の1つとなっている。それも、記念碑的な論文だけが選ばれて掲載されるクリスマス号を飾ったのだ。

BMIは、今年のクリスマス号で、この画期的な論文の20周年を祝してその業績を振り返ることにした。

研究チームの狙いは、MRI装置の中でセックスしている最中の人の性器を撮影できるかどうか、そして当時のセックスに関する常識が正しいかどうか確かめることにあった。

参加したのは8組の男女(うち1組は、路上でアクロバティックな芸を披露しているアマチュアのパフォーマー)と3人の女性で、実験は13回にわたって行われた。うち、3組のカップルには2度にわたってセックスをしてもらい、3人の女性には自分でオーガズムに達してもらったという。

論文および地元テレビ局の科学番組によると、研究チームは参加者を個人的に声がけして集めたという。MRI装置の内部がそう広くないことを考えると、参加者は身長体重ともに小柄か平均的な体格の人でなければならなかっただろう。

参加者は合意の上、オランダのとある大学病院に足を運ぶよう指示された。

たしかにくっきり撮影できた

MRI装置が置かれた部屋は研究チームのいる制御室の隣にあり、窓のカーテンは閉じられていた。研究チームはまず、女性たちに仰向けに寝てもらい、下腹部を撮影した。次に男性たちに部屋に入ってもらい、正常位でセックスをしてもらって画像を撮影。そのあと、男性は退室し、女性たちは自分で自分を刺激して達するよう指示される。いよいよというタイミングで女性から研究チームに合図が送られて撮影が行われ、それから20分後の画像も撮影して実験は終了した。

研究チームによれば女性よりも大変だったのは男性の方で、シルデナフィル(つまりバイアグラ)を飲んで実験に臨んだりした。

薬が必要なかったのは8組中1組だけ、路上パフォーマーのカップルだった。論文によれば、その理由は2人が「科学的好奇心や体に関する知識、芸術的な関心から最初から研究に関わっていた」ことや「路上パフォーマーだったため、ストレス下でパフォーマンスを行う訓練ができており、慣れてもいた」ことかも知れないという。

画像の分析から、正常位だとペニスがブーメランのような形になることや、女性が興奮すると子宮が持ち上がったようになり、膣壁が長く伸びることが分かったという。

scan.jpg

THE BMI

<参考記事>人はロボットともセックスしたい──報告書
<参考記事>セックスドールに中国男性は夢中

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、堤工場第1ライン一時停止 コロナ感染で66

ワールド

中国軍機16機、防空識別圏に侵入 中間線超え=台湾

ワールド

ロシア、ウクライナのハイマース弾薬庫破壊と発表

ワールド

ファイザーとビオンテックの変異株ワクチン、欧州当局

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り裂いた「ニンジャ爆弾」

  • 4

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 5

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 6

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 7

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 8

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 5

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 6

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 7

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 8

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 9

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月