注目のキーワード

最新記事

ロボット

人はロボットともセックスしたい──報告書

2017年10月23日(月)18時43分
ジェシカ・ファーガー

いずれこんな時代がくることは、もはや驚きではない Independent Man / YouTube

<セックスロボットといたす予感を抱いている男女は意外に多い>

人はそれが可能になればロボットとでもセックスをするのだろうか。人とロボットはどんな関係を持つのだろうか。売春婦や売春宿も、働いているのがロボットなら合法化されるのか。性的な癒しや治療には役立つのか。性犯罪は減少するのだろうか。

──オランダの非営利団体リスポンシブル・ロボティクス財団(FRR)がこの夏発表した報告書の問いかけだ。それによれば、現代の成人は、AI(人工知能)と親密かつ人とそっくりの関係を築く心の準備ができているようだ。

「性的欲求を満たすセックスドールこそが、ロボットが未来のセックスで担う新しい役割だ」と報告書の著者は書く。「最高にリアルで親密に感じられるセックスロボットを開発し、それを適正な価格で提供できる企業こそ、最大のシェアを手にするだろう」

現在市販されている人型のセックスロボットの一部は動けるが、セックスのパートナーとしては基本的に受け身。だが報告書は、ロボットはこれから「双方向型」へと進化し、まるで生身の人間のように人の手や声に反応できるようになると結論付ける。

大人の玩具市場は、すでに急ピッチでAIを取り込んでいる。人類はそう遠くない未来に「ディルドニクス(セックス玩具)とロボティクスの融合」を目の当たりにすることになると、報告書は予測する。それは、セックス玩具の目覚ましい進歩ぶりを見ればわかる。米人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティー」で紹介されて大ヒットしたバイブレーター「ラビット」も今は時代遅れ。空気で膨らませるセックスドールにいたっては、今やジョークでしかない。

相手がR2D2でも驚かない?

さらに報告書は、今後セックスロボットが、遠距離恋愛で重宝されるようになると言う。すでに多くの企業は遠隔操作ができる大人の玩具を開発し、遠距離恋愛中のカップルでもちょっとした変態プレイを楽しめるようになっている。いずれは数百キロ離れた場所からでも遠隔操作できるようになるだろう。

たとえば、『スター・ウォーズ』に登場するロボットR2D2と人がセックスすることを想像すると、身の毛がよだつと言う人もいる。だが多数の研究や調査によれば、多くの現代人はそういう展開もありと予期しているようだ。

2016年に発表されたある研究は、21~61歳までの男女100人を対象に調査を行った。男性の3分の2、女性の3分の1が、ロボットとセックスするという考えに抵抗はないと回答した。全体の86%は、ロボットには人の性的欲求を満たす能力があると信じると答えた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ大統領、仏大統領と電話会談 「ロシアの核

ワールド

米、ICBM発射実験実施 「核抑止力の有効性確認」

ビジネス

米ホーム・デポ、第2四半期は予想上回る 価格上昇な

ビジネス

カナダCPI、7月は前年比7.6%上昇 やや緩和

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 5

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    【映像】社交的?馴れ馴れしい? 好奇心旺盛な子カ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    おぞましい伝説を持つスコットランド「殺人の洞窟」…

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月