最新記事

トラベル

ハリー・ポッターのクラシックな生家に泊まれる!

Spend The Night in Harry Potter's Childhood Home on Airbnb

2019年11月6日(水)18時26分
スー・キム

ハリーが生まれ、父ジェームズ、母リリーと共に暮らした家がAirbnbに deverehouse.co.uk

<石造りの螺旋階段や最古の衣装戸棚、狩人の彫刻が入った玄関などが迎える歴史的な邸宅がAirbnbになった>

『ハリー・ポッター』シリーズのファンに朗報だ。主人公ハリーが幼少期を過ごした家に泊まる夢が現実になったのだ。撮影でロケ地に使われた家が、民泊情報サイトAirbnb(エアビーアンドビー)に登場し、一般の人でも宿泊が可能になった。

その家は、イングランド東部のサフォーク州にあるデヴィア・ハウス(De Vere House)。映画の中では、ハリーが生まれ、父ジェームズ、母リリーと共に暮らした場所。だがその後、両親はヴォルデモート卿に殺され、幼いハリーが1人残される。

この歴史的な邸宅は、ラベンハムという村の中心部に位置している。300軒を越える建物が、中世そのままのたたずまいを残して保存されている村だ。邸宅のウェブサイトによれば、映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』では、ハリーが生まれたゴドリックの谷にある村という設定で使われた。

ウェブサイトには、以下のように記されている。「ハリー・ポッター作品の撮影では、デヴィア・ハウス内のさまざまな場所がカメラに収められ、巧みな編集により、架空のゴドリックの谷全体が創造された。撮影が行われたのは夏の間だったが、冬という物語の設定に合わせて、特殊効果チームが雪を加えた(さらに、邸宅の表に面した窓にはクリスマスツリーを貼り、バックにはクリスマスキャロルを流した)」


由緒正しい建築

Airbnbによると、デヴィア・ハウスには四柱式ベッドを備えたベッドルームが2室あり(「ザ・ジョン・デヴィア・ルーム」と「ザ・レディー・エリザベス・ハワード・ルーム」)、それぞれにバスルームが付いている。中庭を臨むリビングルームには暖炉もある。

Wi-Fiやテレビを追加料金なしで利用できるほか、邸宅の本館にあるダイニングルームでイギリス式の朝食が供される。また、宿泊客向けの専用玄関から24時間いつでも出入りできる。

デヴィア・ハウスの宿泊料は1泊187ドル(約2万円)で、最低2泊が条件だ。

デヴィア・ハウスは、14世紀から17世紀にかけてデヴィア家がラベンハムに所有していた3つの邸宅のうちの1つだった。

かつての大広間は、建築的・歴史的価値から登録遺産となっている。「オクスバラ・ホールから続く石づくりの螺旋階段、この国に残るものの中では最古となる衣装戸棚の遺構、当時のままに残された中世の壁画、狩人の彫刻を備えた格調高い表玄関(15世紀初頭にまで遡る)、さらには第13代オックスフォード伯爵ことジョン・デヴィアの紋章(イノシシ、星、羊毛用締め具、天秤があしらわれている)......」と、ウェブサイトはいう。

建物内外にある15世紀の梁(はり)の大半、そしてレンガ積みの壁のいくつかは「500年以上前とほとんど変わらない姿をとどめている」と、ウェブサイトは解説している。

<参考記事>【再録】J・K・ローリング「ハリー・ポッター」を本音で語る
<参考記事>米国でミレニアル世代を中心に「魔女」が急増中、その理由とは

(翻訳:ガリレオ)

20191112issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月12日号(11月6日発売)は「危ないIoT」特集。おもちゃがハッキングされる!? 室温調整器が盗聴される!? 自動車が暴走する!? ネットにつなげて外から操作できる便利なスマート家電。そのセキュリティーはここまで脆弱だった。

ニュース速報

ワールド

英総選挙、与党保守党が過半数確保の見込み=出口調査

ビジネス

ドル/円約2週間ぶり高値、米中通商合意への期待で=

ビジネス

米株は最高値更新、米中通商協議で原則合意と報道

ワールド

米、地上発射型弾道ミサイル実験を実施=国防総省

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 2

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 3

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 4

    白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

  • 5

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 6

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 7

    これがフィンランドの新内閣 34歳サンナ・マリーン首…

  • 8

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 9

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 10

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 4

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 5

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 10

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月